伊藤穣一氏による「IT潮流」

News

 約1年ぶりに伊藤穣一さんと、じっくりお話する機会を持てた。月の3分の2程度は海外を飛び回ってネット関連のイベントや会議に参加しているだけあって、グローバルなITの潮流をよくご存じだ。いろいろとおもしろい話が出たのだが、幾つかピックアップ。


 まず今はネットのオープンな文化が危機的な状況にあるという。通信やメディア関連の企業はこれまでネットの影響力に関しては様子見の立場を取っていたが、自分たちの既得権を守るためにいよいよ攻勢に転じている、というのが伊藤さんの過去10年の総括、今後10年の予測だ。ネットのオープンな文化を守ろうという人たちと既存勢力との戦いは激化する一途で、どちらが勝つかは予断を許さない状態だという。
 ネット関連技術の標準化組織は既にいくつかあるが、その多くは草の根の団体。それを国連組織の中に組み込もうという動きもあるようだ。そうなれば、民間ではなく国家がネットを制御することになる。
 こうした政治的な動きとは別に、産業の分野での次の10年を予測してもらった。伊藤さんによるとキーワードは、ユーザー・ジェネレーテッド。一般市民が発信する情報が産業を変えていくという。
 メディアの世界では「市民参加型ジャーナリズム」とかが、その顕著な例。ゲームの世界では、ユーザーがゲームのプログラムのモジュールを自由に開発できるものが人気だそうだ。一般的な商品に関しては、ブログのようなユーザー・ジェネレーテッド・コンテンツの中から消費者の嗜好を探してきて商品開発に役立てるというマーケティングが一般的になるという。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

News

Posted by maskin


PAGE TOP
Read previous post:
ダン・ギルモア氏を囲む会に参加して
googleTVって何や?
値段じゃないと思うけど
Close