フィードの時代へ-フィードパス小川浩氏

News

 今回もフィードパスの小川浩さんがゲスト。今回は、フィードの可能性について話してもらった。

  • フィード全盛の時代への道を作るための会社、それがフィードパス。HTML全盛時代においてフィードに特化した思い切りのよさが評価されているのではないか。
  • 今はタグをつけることのできるRSSリーダーと、各種ブログに投稿できるブログエディターを提供。今後はブログを持たなくてもRSSフィードそのものを作れるエディターを作りたい。今はフィードはブログによって生成される。今のネットは、メールとウェブの世界。これからは、メールとウェブとフィードの時代になる。RSSリーダー向けに直接生成された「ライブフィード」がメディアそのものになる。今のRSSフィードはサイトが更新されたという通知。その通知を受けてサイトというメディアにアクセスする。またフィードはスパムがない。登録しなければ受信できないから。

小川浩氏インタビュー 第4回音声ファイル」

「湯川鶴章のIT潮流」の登録は、以下のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップして下さい。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

News

Posted by maskin


PAGE TOP
Read previous post:
ウェブ2.0の次にくるものは-フィードパス小川浩氏

ウェブ2.0は双方向ではない-フィードパス小川浩氏

ミクシィの将来-笠原健治氏

Close