文字あるところすべてに広告を-RSS広告社田中弦氏

News

Pa0_0002
今回もRSS広告社の田中弦さんにお話を聞いた。

  • RSS広告には2つある。メルマガのようなものととらえた場合と、ブログの横に出すものの2つ。後者はアドセンスのようなもの。
  • ブログは1ページの中に複数のエントリーを含むことがある。アドセンスのようなものに比べて、RSS広告はエントリごとに内容を認識してそれに合った広告を出すことができる。
  • 文字があるところならどこにでも広告を出したい。テレビ番組には脚本がある。脚本に連動させて広告を出せる。街頭の大きなテレビにも出せるかも。
  • 広告主がつかなかった、売れ残ったコンテンツに、自動的に広告を出せる仕組み。

田中弦氏インタビュー 第2回音声ファイル」

「湯川鶴章のIT潮流」の登録は、以下のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップして下さい。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

News

Posted by maskin


PAGE TOP
Read previous post:
RSS広告のフロンティア-田中弦氏

シリコンバレー今、昔-ネットイヤー石黒不二代氏

広告の究極の形-「テレビCM崩壊」感想③
Close