1つのサービスで突出可能な時代-ドリコム内藤裕紀氏

News

Naito1_1
今回もドリコムの内藤裕紀さんのお話。今回は対グーグル戦略をどう考えるか、などについてお話をうかがった。

  • 以前は講演の中でグーグルを絶賛していたが、最近は世間が課題評価しているような・・・。検索は利用者が多いけれど、それ以外のサービスを使っている人はそれほど多くない。ビデオならYouTubeのほうが利用者が多いし。今は1サービスで突き抜けることができる時代。
  • それほどグーグルに神経質にはなっていない。ただコンテンツマッチング広告などでは、競合しているが。
  • コンテンツマッチング広告の精度は、マッチングの技術と広告の種類に依存する。コンテンツに合う広告がなければ、どうしても関係性の低い広告を出さざるを得ない。
  • 突出したサービスを出していくという文化が社内に根付いてきている。今年後半は毎月のように新しいサービスをリリースできるかも。ブログを気にすることなく新しいサービスを作っていっている。
  • 海外にもないというようなサービスの開発も手がけている。コミュニケーション、探す系、広告の分野で。
  • 探す系は、検索エンジンが主流だが、別のアプローチがあるのでは
  • 普段の生活では、キーワードで探すことはない。人に聞くというやり方のほうが普通ではないか。ただ今すぐ知りたいものを人力で、というのは機能しない。
  • 探したいという欲求の緊急度によってアプローチが違ってもいいはず。
  • Web2.0時代といっても基本は変わらない。肩肘張らずにやるべき

    内藤裕紀氏インタビュー 第3回音声ファイル」

    「湯川鶴章のIT潮流」の登録は、以下のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップして下さい。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

News

Posted by maskin


PAGE TOP
Read previous post:
PC向けコンテンツ課金の時代は来ない-ドリコム内藤裕紀氏

ドリコムは物作りの会社です-内藤裕紀氏

文字あるところすべてに広告を-RSS広告社田中弦氏

Close