日本のベンチャー風土-グロービス小林雅氏

non-Category

Kobayashimasashi_001
グロービス・キャピタル・パートナーズの小林雅さんが今回のゲスト。

  • 98年大学卒。戦略コンサルティング会社のアーサーDリトルに入社。2001年6月にグロービスに入社。
  • 大学時代にサッカーサークルを立ち上げた経験から、「立ち上げ」がおもしろく感じた。ときは、インターネットの黎明期。
  • 日本の最初期の検索エンジン開発プロジェクトを手伝った。
  • シリコンバレーでは、起業支援のできる人たちがベンチャーキャピタルをやっている。ハンズオン型。早い段階でリスクテイクする。リターンを狙う。ハイリスク・ハイリターン型が主流。
  • 日本のベンチャーキャピタルは、証券系、銀行系。新卒でVCに入り、経験を積んでいく。銀行からの出向も。プロパーはほんの一握りだった。
  • 日本でもネットバブルの前夜ぐらいから、ハンズオン型。アーリーステージでの投資になってきた。
  • ネットバグルで投資金額が縮小。
  • 最近は、より早い段階での投資は増えてきている。ただ有名な会社に群がる傾向も。
  • 今の出口戦略はIPO。市場が好調で高いリターンが期待できるから。
  • ベンチャーのインフラがシリコンバレーと日本では大きく違う。シリコンバレーは成熟型で、プロジェクトとして人が集まる。
  • しかしそれも賛否両論がある。シリコンバレーは、人は簡単に集まるが、一方で離職率も高い。組織力が弱い。中長期的にビジョナリーカンパニーを目指すところは、あまりでない。グーグルぐらいなもの。
  • いい会社を作るには、新卒を採用して育てていくといったような、日本らしいところを生かしたほうがいいかも。
  • 日本のネット企業はスリムで経営は優れている半面、サービス中心で技術革新が出てきにくい。教育の問題もあるかも。
  • 第1世代のネット企業から独立する人が増えてきている

    小林雅氏インタビュー 第1回音声ファイル」

    「湯川鶴章のIT潮流」の登録は、以下のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップして下さい。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

non-Category

Posted by maskin


PAGE TOP
More in non-Category
日本の広告業界にも津波はくるのか-織田浩一氏

MIXIの次にくるもの
織田浩一さんがアメリカに永住した理由

Close