パースエージョン・アーキテクチャー

News

Digital ForestのWebマーケティングROI Dayに参加したあとの懇親会でキーノートスピーカーでFutureNowという会社のJohn Quarto-von Tivadarさんと雑談。「Persuasion Architecture」という手法を提唱しているのだそうだ。
ウェブマーケティングの方法としてSEO(検索エンジン最適化)というのを、情報感度の高い企業はまあまあやっているわけだけど、検索エンジンを通じて自社サイトにきてくれても、最初の着地ページから購入や申し込みページにまで誘導できないのでは意味がない。そこで着地ページを最適化しようというのが、LPO(ランディング・ページ最適化)技術。

というふうにつながってきているんだけど、SEOでキーワードを工夫する、着地ページの構成を工夫する、という2点だけでは不十分、ユーザーが興味を持った瞬間から購入というコンバージョンまで一気通貫で設計しないとだめ、というのがパースエージョン・アーキテクチャーらしい。
具体的には、心理学の定説を元にしたウェブマーケティング手法らしい。ちょっと調べてみたい(自分メモ)

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

News

Posted by maskin


PAGE TOP
Read previous post:
バナーも連動で-RSS広告田中氏講演

日本の行動ターゲティング-DAC永松範之氏

佐賀新聞サイトがリニューアル
Close