行動ターゲティングと意味理解-DAC徳久昭彦氏

News

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)の徳久昭彦さんに、今後のネット広告業界の方向性についてのお考えをうかがった。

  • コミュニケーションがユーザー主導型に
  • 集中から分散
  • YouTubeやセカンドライフに日本のユーザーが参加、グローバル化が加速
  • 企業サイトのメディア化
  • メディアが一気に多様化。その背景にテクノロジー
  • 表現手段が豊富になり、意見を言えるようになった多様なユーザーに広告が対応する必要あり
  • 「適切な広告を適切なタイミングで適切な場所に」を技術で極めていく
  • 行動ターゲティングと意味理解が両輪。ばらばらに進んできたものを融合させていく
  • 検索以外のものと総合的に組み合わせて
  • 今はまだ異なるデバイスには異なる広告。それをネットを基点に融合させていく

「徳久昭彦氏音声ファイル②」

 

「湯川鶴章のIT潮流」の登録は、以下のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップして下さい。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

News

Posted by maskin


PAGE TOP
Read previous post:
ネット広告で10周年-DAC徳久昭彦氏

ITの超フロンティアは主観-猪子寿之氏

おもしろいからアートもする-猪子寿之氏

Close