日本では考えられない米TV局のネット戦略-江口靖二氏

News

 株式会社プラットイーズの執行役員でITコラムニストしても活躍中の江口靖二さんに、米国のテレビ業界の新しい動きについてお話をうかがった。

  • CES 世界最大の家電見本市
  • デジタル家電とかパソコン、ケータイ、カーステレオが盛り上がっている
  • 今回の見どころ
  • 大画面競争も一段落
  • ブルーレイ HDDV
  • ネット的な展示で目立つものはなかった
  • 日本では信じられないような発表
  • ロケーションフリー 離れた場所でもテレビが見れますというサービス
  • 日本のテレビを出張先で見る。ケータイで見るというイメージ
  • スリングメディアという会社が今回画期的な発表をした。
  • クリップ・アンド・スリングというサービスとスリングボックスという端末
  • 絶えず5分間くらいの映像が自分のパソコンにバッファされている。
  • 気に入った場面があると、そこでここが気に入ったというところで「クリップ」というボタンを押す。そうするとその情報というかそのファイルがスリング社が提供するYouTubeのような動画共有サイトにアップロードされる。
  • アップロード先というのが非常にYouTube的なもので、テレビ局が放送している番組をテレビ局が自ら認めた形で公の場所にアップロードされて、それをだれでも見ることができるようになっている。
  • SNS的機能もついている。そういう情報をお互いやりとりしたり、コメントをつけたり、タグやURLを交換したりできる。
  • テレビ局自らYouTube的な動画の共有SNSを利用しようということ。
  • 動画共有に反対の理由
  • 表向きの理由は、いちおう権利者に対する著作権の問題がある、ということ。それが一番の理由で、それは確かにそう。そういう部分はある。
  • あとは、自分たちがコントロールできない領域で、勝手に自分たちの作品、商品をやりとりされることに不快感を持っている
  • ベースにあるのは感情的なところが大きい
  • 現時点では著作権の話を横に置いておけば、だれも損する人はいない。
  • 今回一番大事なのは、スリングという会社が自分で発表したということではなく、CBSというテレビ局自らが参入するということ。 多分日本とはまったく状況が違う。
  • 自社、自局の番組を共有してくれて、コミュニケーションがそこで生まれたほうが、めぐりめぐって自分の番組の元の視聴や話題が高まるというのが、彼らの考え方
  • 日本ではテレビ局と動画共有サイトの関係は良好ではない。このまま行くと 日本だけが取り残される可能性がある。インターネットは1個なので、(日本の)テレビ局が予想しない形で、(動画共有サイト)が普及してしまうということはありえるかも

    「江口靖二氏音声ファイル」

     

    「湯川鶴章のIT潮流」の登録は、以下のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップして下さい。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

News

Posted by maskin


PAGE TOP
Read previous post:
プラットホーム事業-スクエニ乙部一郎氏

1周年記念セミナー
IT潮流が本になります!
Close