コンテンツ・フューチャー

non-Category

CONTENT’S FUTURE ポストYouTube時代のクリエイティビティ (NT2X)を読了。コンテンツの未来はどうなるのだろうと疑問に思う人は多いと思う。僕のいる業界なんかの関係者もそういう人は多いし、僕自身、ここ数年そのことばかりを考えていた。
だから立場こそ違え、この本の中でインタビューを受けた人たちの迷いや不安、チャレンジ精神のようなさまざまな思いはよく分かる。僕がインタビューされたとしても「よく分からないヨー」って言うしかないと思う。
でも本当にコンテンツの将来の姿を見たいのであれば、コンテンツ制作の現場でがんばっているクリエーターや関係者に聞いても無理なんだと思う。コンテンツの将来は、そうした現場の人たちとは無縁のところで形成されるからなんだ。
それはどこかと言うと、コンテンツビジネスをマネタイズするような技術を開発する領域だと思う。コンテンツのマネタイズ技術がネット上のコンテンツのありようを変えていくのだ。
コンテンツの将来を見たければ、技術動向のその先を読むしかないのだと思う。
マネタイズ技術が確立しなければ、ネット上のコンテンツはアマチュア作品であふれかえる。コンテンツの未来はアマチュア作品の未来になる。
マネタイズ技術が確立されれば、プロのクリエーターは生き残る。それだけのことだ。
で技術動向を見たうえで、僕がどう考えるかというと、2、3年後には今のプロのクリエーターたちが生活できるだけの収益を得ることのできるマネタイズ技術が確立されるのではないかと思っている。ヒントは広告の新技術にあるのだと思う。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

non-Category

Posted by maskin


PAGE TOP
More in non-Category
媒体社向け広告マーケットプレース
佐々木俊尚氏講演②-「爆発するソーシャルメディア」セミナーから

パソコン時代の表計算、3D時代のアプリとは
Close