住太陽さんが文学賞受賞!

non-Category

 「ブログをやっていて一番よかったことは」と聞かれると、迷わず「すばらしい人たちと出会えたこと」と答えるようにしている。住太陽(すみ・もとはる)さんは、そんな会えてよかったと思える人物の一人である。
 見た目は暴力団関係者かヤンキーの兄ちゃん(失礼!)。こちらがちょっとドキドキしながら話すと、非常に温和な話し方をする。気弱にも映る。
で、「なんだコイツ。ヘタレ(大阪弁で度胸のない人のこと)か」(失礼!)と思っていると、芯の通った発言に驚かされる。
 しばらく話しているとそのまっすぐな人間性に心動かされてしまう。2度会っただけだが、すっかりファンになってしまった。尊敬していると言ってもいい。
 その住さんが、第19回堺自由都市文学賞を受賞した。小説など書いたこともない住さんが、である。高校卒業後、職を転々とし、「職業は?」と聞くと、「なんでしょうね。自分でもよく分からないんです」と答える風来坊のような住さんが、である。いや、さまざまな体験を経た住さんだからこそ、受賞できたのだろう。
 住さんのmixiの日記で、文学賞に応募したこと、1次審査を通ったことを知ったとき、なぜか「住さんなら絶対に受賞するだろうな」という確信に近い思いを抱いた。
 そして予想通りの快挙である。

 「洗濯屋 他人の垢で 飯を食い」。自虐の川柳を口にし、鬱々(うつうつ)と過ごすクリーニング店の二代目。父は手仕事を守り続けるが、需要の落
ち込みと格安店に客を奪われ、先が見えない。そんなある日、客の一言に希望を見いだす。「ええ仕事や。腕のいい店には、いずれ客が戻る」
(中略)
「人生は想像もつかない展開を見せる。希望はある。だからあきらめず、固定観念にとらわれず」。自らに重ねて語る言葉は、書き続けたいという小説のテーマでもある。

 「人を取り巻く環境は、とらえ方次第で明るくも暗くもなることを伝えたかった」と言う。

僕も住さんのように、人に希望を与える仕事をしたいなあ。
進め!住太陽!!

住さんをインタビューしたビデオポッドキャストはこちら

音声版ポッドキャストはこちらこちら

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

non-Category

Posted by maskin


PAGE TOP
More in non-Category
ソーシャルメディア時代の広報術-ニューズ・ツー・ユー神原弥奈子氏

米マイクロソフトの広告戦略①
ソーシャルメディアの時代だぜっ!

Close