広告マーケットプレースの利点の1つはリアルタイム性

News

アップルがiPhoneを599ドルから399ドルに値下げした。6月末の発売からわずか2ヶ月余り。iPhoneを既に買った人たちは、わずか2ヶ月で200ドルの価値を消費したことになるわけで、中には「損した」と感じたユーザーもいたことだろう。
実際、アップルコンピュータに抗議メールが多く寄せられたようで、スティーブ・ジョブズ氏は急きょ、既に購入したユーザーに対してアップルストアなどでの100ドル分の商品を購入する権利を与えるという異例の声明を発表を行った。(*)
強力なリーダーシップを持つジョブズ氏だからこそできた迅速な対応だが、それ以上に異例のスピードを見せたのが競合ノキアの宣伝、広告部門だ。
TechCrunchによると、米グーグルで「iPhone」「price」「drop」とキーワードを入力し検索すると、「アーリー・アダプターの皆さん、お気の毒でした。MOSHで元を取り返しましょう」と大きく表示されるようだ。(*)

MOSHというのはノキアが提供するケータイSNSらしいが、ノキアはグーグルの検索連動型広告アドワーズで、これらのキーワードの組み合わせに対し広告をタイムリーに出稿したわけだ。
TechCrunchも「Nokiaのマーケティング部門は機を見るに敏である」「『怒れるiPhoneユーザー』が大挙してNokia Moshに殺到する兆候は見られないものの、Nokiaのマーケティング部門の頭の回転が速いことは認めざるをえない」と評価している。

こうした迅速な広告を打てるのも、アドワーズが広告枠と広告主をマッチングさせる一種の広告マーケットプレースだからだ。
広告マーケットプレースが普及すれば、こうしたリアルタイム性の高い広告を打てるようになる。広告の形がまた1つ変わろうとしているわけだ。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

News

Posted by maskin


PAGE TOP
Read previous post:
ソーシャルメディアの時代って言ったでしょ

バナー広告の復権
ヒラタPC
Close