広告技術①ダッシュボード

News

 以前書いた ようにマイクロソフトが広告事業に舵を切った理由は、広告システムを核にいろいろなコンピューターシステムが今後つながってくる可能性があるから。広告システムを押さえることで、企業内の各種システムまで囲い込もうという戦略だ。
 マイクロソフトに先立って、広告システムに企業内各種システムを既に結びつけたソリューションを提供するベンチャーが幾つか存在する。

 米オペラティブ
は2000年から媒体社の広告事業のためのシステムを手がけてきたベンチャー企業。車速度、エンジン回転数、燃料残量などの計器のついた自動車のダッシュ
ボードのように、広告事業を効率よく展開するために必要なデータをすべて表示する「オペラティブダッシュボード」と呼ばれるソフトウエアを提供している。
具体的には、CRM(顧客関係管理)システムや、価格管理や価格予想システム、バックエンドの財務システム、広告配信システムをすべて統合している。自社
サイト上で広告主のキャンペーンを展開したり、広告主向けにキャンペーンの提案を企画したり、特定の広告枠の適正価格を決めたり、広告主に請求書を発行し
たり、など、広告に関連する作業のほとんどが、この「ダッシュボード」上で遂行できるという。
 核になっているのはアドサーバーと呼ばれる広告配信システム。最近、オンライン広告関係者と話をしていると、自社でアドサーバーを持つことを希望するサ
イト運営者が増えている、という声をよく聞く。オペラティブ・ダッシュボードは、こうしたサイト運営者のニーズに応えるものなのだろう。2007年10月
には、ニューズ・コープ傘下のフォックス・インタラクティブ・メディア社がオペラティブ・ダッシュボードの採用を決めた。(* )フォックス・インタラクティブ・メディア社は、世界最大のSNS「マイスペース」を運営している。マイスペースは、グーグルと広告配信契約を結んでいるが、すべての広告枠をグーグルが押さえているわけではないということなのだろう。
 オペラティブのように、広告配信を軸にした統合システムを提供する企業に SolbrightFatTailFiviaなどの企業があるようだ。

参考記事   ガートナー「Online Ad Sales Meet Information Technology at Fox

出版に向けた不完全な資料原稿です。引用にはご注意ください。誤字、脱字、誤認のご指摘、大歓迎です。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

News

Posted by maskin


PAGE TOP
Read previous post:
ワイヤード・ビジョンのセミナー
広告はすべてデジタルに-マイクロソフト
リンクシェア・アフィリエイト・サミットに出ます
Close