ウェブ解析が変えるビジネス-Google Insights for Search

News

 9月末刊行予定の拙著「次世代マーケティングプラットホーム」の中でウェブ解析を取り上げて以来、ウェブ解析周りの話が気になってしょうがない。
 米人気ブロガーのスコーブル氏がウェブ解析の専門家Avinash Kaushik氏にインタビューした映像がアップされている。
 幾つか気になる点をメモ(および雑感)。
 【グーグルのinsights for search

特定のキーワードを入力すると、そのキーワードを使った検索件数の推移がグラフで表示される。2つ以上のキーワードを比較することも可能。
 実際に試してみた。

工人舎とEeePCで検索してみたら、EeePCのほうが検索件数が多いみたい。7月初旬にEeePCの検索が大きな山になっているんだけど、どうしてだろう。EeePC901の発売ってこの時期だったっけ。

Insight_for_search_2

検索を地域別にみたのがコレ。

Photo_4

群馬でEeePCが話題沸騰!どうして??

関連キーワードはコレ

Photo_5

急上昇キーワードはこれ

Photo_3

で、この赤丸急上昇検索キーワードって、マーケティングに役立つのでは、と思う。ブログを書く場合でも、急上昇キーワードを核にしたエントリーをアップするとかいう手法もありかも。

【集合知を使って経営判断】

「ある企業は、4種類の製品を販売していた。20ドル、40ドル、60ドル、80ドル。他社との競争の中で1つの製品を無料にすべきかどうかを検討してい
た。(試しにウェブサイトで5%のトラフィックに対して20ドルのを無料にした。そしたら他の製品の売り上げが伸びた。店舗では実験するわけにはいかない。顧客を交えたデータとテストで、わずか8日でこうしたことを実験できる。店舗では4ヶ月かかる」

EeePCを再度例えに使えば、EeePCってやはり国内のPCメーカーにとってはすごい脅威なのだと思う。EeePCに対抗する機種を赤字覚悟で出すべきかどうかを悩んでいるメーカー担当者もいるのではないだろうか。赤字で対抗機種を出して、その機種だけ売れれば、会社の業績が傾いてしまう。

一方で、対抗機種を出すことで、EeePCのメーカーとでも負けない効率経営の企業であるというイメージを打ち出すことができるかもしれない。そうなれば他の機種の売り上げ増につながる可能性がある。

どちらの戦略でいくべきか。

一か八かで決断するには、あまりにリスクが大きい。そこでオンライン販売の5%のトラフィックにだけEeePCと同じ価格帯の機種を販売してみた。そしたら他の機種の売り上げが伸びた・・・・あくまでフィクションですけど。

Kaushik氏の話は、分かりやすい例に当てはめれば、このような話になるだろうと思う。(実際には、僕は工人舎の一番安い機種を購入したんだけど、周りにはワンセグやオフィス搭載機種を購入した人が多い。EeePC対抗機種を出したことで工人舎は、低価格帯でも十分競争できる経営体質であることをアピールすることに成功した、ということなのかもしれない)

で、言いたいことは、経験と勘に頼る経営ではなく、消費者の集合知を利用したデータ主導の経営が可能な時代に突入した、ということ。

 

【Kaushik氏の3つの薦め】

  1. 解析ツールを使うべし。30%のFortune500は解析ツールを使っていない。。
  2. 数値データだけでなく文章のデータも集めるべし。数値データは何が起こっているのかを教えてくれる。文章データは、なぜ起こっているのかという理由を教えてくれる。
  3. 100ドルの予算があれば、10ドルでツールを購入し、90ドルで優秀なアナリストを雇用すべき。

【その他の気になるコメント】

  • 大幅リユーアルするサイトがあるが、ウェブは革命的リニューアルすべきものではない。日々進化させるものだ。革命的リニューアルは、まず失敗する。
  • ABテストも無料でできる。2種類のパターンを用意し、それぞれ何日か走らせてみる。
  • グーグルはすべての答えを持っているわけではない。毎日40種類ものテストを実施し、ユーザーの反応を見ている。
  • スパイウエア以外では、クッキーを使用するのが有効。alexaはツールバーでデータを収集。competeやhitwiseは、ISPからアクセスデータを購入している。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

News

Posted by maskin


PAGE TOP
Read previous post:
30min.(サンゼロミニッツ)にiPhoneアプリ
ビアード・パパのシュークリームがシリコンバレーでブームになっている件
広告媒体としてのAR(拡張現実感)-ユビキタスエンターテインメント清水亮氏
Close