AIDMAって日本で知られているほど米国では知られていない?

non-Category

 AIDMAについて調べている。日本のウェブには情報いっぱいあるんだけど、米国のウェブでは信頼性の高い情報になかなか出会わない。AIDMAって本当にアメリカからきた考え方なんだろうか。
 日本のwikipediaにはもちろんAIDMAという項目は存在する。

AIDMAの法則(アイドマのほうそく)とは、1920年代にアメリカ合衆国の販売・広告の実務書の著作者であったサミュエル・ローランド・ホールが著作中で示した広告宣伝に対する消費者の心理のプロセスモデルとされる。

AIDMAの法則では、消費者がある商品を知って購入に至るまでに次のような段階があるとされる。

   1. Attention (注意)
   2. Interest (関心)
   3. Desire (欲求)
   4. Memory (記憶)
   5. Action (行動)

でも米国のwikipediaで調べると、There is no page titled "AIDMA

米国のgoogleで調べても日本語のページや、日本語のページを英訳したようなものばかりが出てくる。
米国のamazon.comで検索してみると、Marketing Communications Classicsという本の中のテーブルに小さく次のような文言が。

1956 AIDMA
Attention, Interest, Desire, Memory, Action.
Merrill Devoe
Referred to the importance of different psychological sequences in constructing advertisements

あれ?Merrill Devoeという人が1956年に言ったことになっている・・・。しかもこのテーブルにはAIDAとかAICAとかいろんな頭文字が10個ほど並んでいて、どう考えてもAIDMAだけが広く普及していそうでもない。

でも、だからダメというわけではないし、それなりに価値のある言葉なんでいいんですけど。まあ「米国で広く使われているAIDMAは・・・」というような使い方はやめようと思いました。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

non-Category

Posted by maskin


PAGE TOP
More in non-Category
appleに対抗か、au BOX
「次世代マーケティングプラットフォーム」本日発売!
symantecのウイルス定義ファイルの自動ダウンロードで仕事が中断されイライラする件
Close