サムスンもウィンドウズモバイルからアンドロイドに乗り換え中

News

 ソフトバンクがアンドロイドケータイを発売することを明らかにしたばかりだが、韓国の電機メーカーのサムスンもアンドロイドの品揃えを増やしていく計画のようだ。
 テレコム・コリアが、HMC Investment Securitiesのレポートを報じたもので、サムスンは年間40種類くらいのスマートフォンを発売しているらしいが、2008年はそのうちの9割がウィンドウズモバイルをベースにした機種だったのが、2010年には5割まで落ち、2012年には2割にまで落ち込むという。

 天下のグーグルのOSがリリースされたのだから、ある程度はウィンドウズモバイルのシェアを奪うだろうとは予想していたけど、この落ち込み幅はすごくないか。

 サムスンは、低迷する日本のメーカーを尻目にケータイの世界市場でシェアを伸ばしている。スマートフォンのシェアでも5位らしい。サムスンがウィンドウズモバイルからアンドロイドに鞍替えしたら、マイクロソフトとしては痛手だろうなあ。
 シンビアンもこのグラフから見るとゼロになるってことだろうか。
 代わりに伸びているのがアンドロイド。それとこの薄い水色はなんだろう。だれか韓国語の読める方、教えてください。サムスン独自開発のOSなのかなあ。これがBadaというモバイルプラットフォームなんだろうか。
 ところでモバイルプラットフォームってなんやねん!OSからアプリ市場まで含めたやつなんだろうか。
 まあそれにしても韓国メーカーは元気。世界を目指している。日本のメーカーはどうしてるんだ、って話になるけど、だれかが「韓国は市場が小さいので内需だけではやっていけない。だからメーカーは世界を目指す。日本メーカーは国内市場がそれなりの規模なので、まず国内向けに力を入れる」と説明してくれた。なるほどね。
 でも中国メーカーががんばってるのはどう説明するんですか?中国の国内市場って世界一大きいけど、それでも中国メーカーは世界を目指してるじゃん。

 どういうこと?

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

News

Posted by maskin


PAGE TOP
Read previous post:
twitterアカウントをbluetoothで交換するiPhoneアプリ「follow you」

Shazam利用を月5曲に制限
ケータイ3社の戦略鮮明に-僕はソフトバンクに一票
Close