メッセージへのお礼と今後の仕事について

News

 昨日の退職のご挨拶というエントリーを上げてから、非常に多くのTwitter上でのメッセージ、メール、お電話をいただきました。ありがとうございました。心からお礼申し上げます。
 あまりに多過ぎて一つ一つのメッセージに対してお返事はできません。ごめんなさい。ですが、いただいたメッセージをスクリーンキャプチャーして、宝物として取っておきたいと思います。
 もともと性格的に1つのことに集中したり一カ所に定住するのが苦手なほうではあるのですが、家族と山のような住宅ローンを抱え年功序列的給与体系のほぼ頂点から、この歳になって不景気の海の中へ飛び込むわけですから、実は不安でいっぱいなんです。中途採用で記者になった経緯に書いたように、20年ほど前の話とはいえ、月5万から8万円くらいの給料でフリーター的な生活を30代半ばまで続けていたわけですから僕自身は何も怖いものはないんです。でも家族を守っていけるのかどうか、非常に不安になります。これからはいただいた応援メッセージを励みにして、前進していきたいと思います。ありがとうございました。

 さてわたしの今後の仕事の内容なんですが、昨日もお知らせしましたように正式にはまだ何も決まっていません。ただ何社かとはお話をさせていただいています。業務内容的には、オンラインメディアの新規立ち上げの支援、コンサルティングや、オンラインマーケティングの調査、企画などです。
 今話題のベストセラー「フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
」は、情報自体の無料化は不可避で、その周辺に新しい稀少性を打ち立てる必要性がある、と述べています(読んでないけど。読んだオカッパ本田はそんなこと言っていた)
 ですので僕も文筆業をベースにするのではなく、情報はブログで無料で多く出し、その周辺の講演、調査、コンサルティング、企画などの仕事で生活を支えたいと考えています。ということで、ブログの記事の再掲載でよければお受けしますが、新しく文章を執筆するというお仕事は多分お受けできないと思います。考えついたこと、見つけた情報は、メモ代わりに次々ブログにアップしていくつもりですので。
 一方で、講演、コンサルティング、調査、顧問のお仕事があれば、ご連絡いただければありがたいです。依頼が殺到して物理的にすべてをお受けすることができなくなれば別ですが(そうなってくれればホントありがたいんですが)、当面はどんなお仕事でもお受けしようと思いますので、よろしくお願いします。連絡はメールでお願いします。tsuruaki@gmail.comまで。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

News

Posted by maskin


PAGE TOP
Read previous post:
脱ジャーナリスト宣言
退職のご挨拶
【訂正】Amazonの一部書籍で紙と電子書籍の割合2対1に。始めてまだ2年なのに
Close