Google Phoneでなんでそこまで盛り上がってるの

News

 Googleがハード機器製造に乗り出したって、いや以前からGoogle Appsというハード機器を開発して売ってるし。
 Googleって奇想天外のすごいサービスを次々出してくるので、Google Phoneもすごいデバイスになるんじゃないかって期待なんだろうなあ。
 でもGoogleの強みって、そこにあるんじゃないように思うんだけど。

 Googleは検索エンジンでホームランを飛ばし、その結果、莫大な資金を手に入れた。その資金を元に秀才エンジニアを多数抱え、秀才エンジニアが働きやすい環境を整えた。それと同時に、莫大な資金を元に、他社が有料にせざるを得ないようなサービスと同等のサービスを、無料でリリースし続けている。これが僕の独断と偏見にみちた今日のGoogleの実態だと思う。
 秀才エンジニアチームが作り上げる世界トップクラスのサービスを無料で出すのだから、そりゃヒットするでしょう。
 でも秀才エンジニアチームって、世界の最先端を少し前進させるくらいしかできないんだよね。秀才の合議制は、着実な進化を生むだけなんだ。

 一方で一人の天才は、突然変異を生む。

 秀才の合議制VS天才。どちらも一長一短があり、どちらのほうが力を出せるのかはケースバイケースだと思う。でも戦いの場を、1つの機種のケータイのサービス、デザインというところに限定すれば、天才のほうが面白い仕事をするんじゃないのかなあ。

 天才とはもちろんスティーブ・ジョブズのことを言ってるんだけどね。

 ということで僕はGoogleが開発中とされるGoogle Phoneにはそれほど期待していない。

 

だからといってGoogleのモバイル事業がだめだと言っているわけじゃない。モバイルOSのAndroidはオープンなプラットフォームで世界中の知恵を集結することで、iPhoneに追いつき追い越す可能性がある。そのオープンさがGoogleの強みだと思う。秀才の合議制は、このオープンな環境を作り出すことで強みを発揮してきたし、これからもいい仕事をし続けてくれるのだと期待している。
 でも1つの機種で戦いを挑んでも、天才に勝つのはそう簡単ではないんじゃないかなあ。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

News

Posted by maskin


PAGE TOP
Read previous post:
「もしニュースが重要ならニュースのほうから僕を探してきてくれる」=2030年メディアのかたち(坪田知己著)
お仕事、チョーダィ!
EeePCのAsutekも、Dellも、タブレットPCデビューか
Close