アップルの”iPad”よりワクワクできちゃうマイクロソフトの”Courier”コンセプト動画 【三橋ゆか里】

News

microsoft「ワクワク」とか「革命的」という言葉を聞いて連想するメーカーはどこですか?きっと多くの方が迷わず「アップル」と答えるんじゃないでしょうか。アップル信者であろうとなかろうと、アップルが生み出す製品にはいつも心躍らされるものがあります。いちばん最近は、今週末アメリカで発売されるiPad。そんなiPadの競合になるであろうタブレット製品の最新のコンセプト動画を発見しました。マイクロソフトの”Courier”です。それがこれ、アップルのiPadに負けず劣らずワクワクさせてくれそうなんです。

デザイナーや編集者などクリエイティブな仕事に関わる人はMac使い、そうでない人はWindowsというイメージができあがっていますが、タブレットに関してはどうやらそれが逆転しそう。さすがに仕事の効率や生産性を歌うマイクロソフトだけあって、”Courier”も当然そこは抑えているのだけれど、そのターゲットはクリエイティブのプロフェッショナル。以下の動画でも、あるクリエイティブな仕事に携わる女性が、クライアントの訪問から協働するデザイナーとの情報共有、自分のアイディア収集からアウトプットまでを”Courier”ひとつで実現しているストーリーが描かれています。


“Courier”のベースにあるコンセプトは”infinite journal”。ジャーナルには、ペンで自由にメモや文章を書いたり、タブレット内蔵のカメラで撮った写真やウェブから拾ってきた素材を貼り付けてスクラップすることができちゃう。ウェブページにある好きな箇所を四角で囲んで切り取って、付箋として貼り付けることも可能。ひとつひとつのジャーナルがアイディア集。ブレインストーム、情報収集、情報の整理整頓、モックアップなどを作るところまで、一貫して”courier”が可能にしてくれる。もちろん、一緒に仕事をする仲間に特定のジャーナルを共有することもできちゃいます。

残念ながら、この動画はあくまでコンセプト動画。実際にこれが製品になって、私たちの手元に届くかどうかは、まず先行スタートを切る”iPad”にかかっています。タブレットという新たな市場が開拓されれば、「ユビキタスコンピューティング」をビジョンに持つマイクロソフト、そしてグーグルなどが参入してくる可能性は十分に考えられます。

今後の海外の動きにも期待が高まりますが、結局のところタブレットはモバイルの進化系。かつてZaurusでモバイル端末の王者だったシャープや、ソニーといった日本のメーカーにも頑張ってほしい。アメリカで繰り広げられるタブレット戦争に刺激されての随従ではなく、ガジェットといえば日本のお家芸だったウォークマン時代のように、それを数段飛び越えたところを目指してほしいです。

【おまけ】
アップル、スティーブ・ジョブスが生み出す製品に人々が心躍らされる理由って、スティーブやアップル社員たちのこのスピーチに少なからず影響されてる気がする。Neil Curtis氏が編集した”180秒で観るiPadのキーノート”。これだけ”Beautiful”とか”Great”とか連呼されたらね…。

【スタッフブロガー】三橋ゆか里

yukari_pink_smaller肩書きウェブディレクター。ディレクションの他、翻訳やライティングなど、フリーでお仕事してます。ツイッターIDは”yukari77“。

個人で運営している【TechDoll.jp】というサイトで、海外のテクノロジー、ソーシャルメディア、出版、マーケティングなどの情報を発信しています。目指せタイムリーな情報発信!

これまで雑誌のECで→UIデザインのコンサル→ウェブ制作会社などを渡り歩いてきました。そこで得たスキル、人、全部かけがえのない財産。幸せの方程式は、テクノロジー(UI, IA..)×マーケ×クロスカルチャー×書く・編集。いま一番夢に近いとこにいる。

詳しいプロフィールはこちら

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

News

Posted by yukari0707


PAGE TOP
Read previous post:
Dropboxが無料ディスクスペースを最大10GBに拡大、招待で+250MBになるためTwitter上で混乱も (追記御礼あり)【増田(maskin)真樹】

店の近くにくればケータイにお得情報を自動配信=米Placecast社【湯川】

iPadにFlashなくても大丈夫=BrightcoveがHTML5ビデオで代替します【湯川】
Close