アドウェイズがGDP成長率世界一の街・重慶に開発センターを設立【本田】

Asia, News

[読了時間:1分]
 2012年5月22日、株式会社アドウェイズが中国の重慶に新しい開発拠点を設立した。同社は2003年上海に進出以来、広告ネットワークサービスやスマホゲームの開発を行なっている。アドウェイズのスマホゲーム最大のヒット作で、AppStoreのセールスランキングで1位を獲得した「カイブツクロニクル」は、中国で作られたものだ。

IMG_0397r
重慶開発センター(写真提供:株式会社アドウェイズ)


 重慶開発センターは、Androidを中心に中国で急速に伸びるスマートフォン関連の開発拠点に位置づけられている。管理職も含め約40名のメンバーは全て中国人。今年中に70名まで拡大予定である。

 重慶を選んだ理由を同社に尋ねたところ、

 「上海では人材確保が厳しくなってきたが、内陸部の都市では、優秀なエンジニアを安く雇うことが出来る。その中でも重慶の教育レベルは高い。また、重慶は歴史的に反日感情が根強いが、アドウェイズのCTOは中国出身のため、中国では中国企業と見られている。そのため、反日感情も影響がない。」とのこと。

 JETROによると、2010年の重慶は、人口2800万人。域内総生産(GDP)は、前年比17.1%増の7,925.58億元。一人当たりのGDPは、27,596元(前年比20.4%増)と中国全体の成長率を大幅に上回り、世界で最もGDPの成長が速い都市という報告もある。

JETROの重慶調査
http://www.jetro.go.jp/world/asia/cn/central_east/pdf/chongqing_1109.pdf
『中国新興都市50強』発表 重慶がGDP成長1位(チャイナネット)
http://japanese.china.org.cn/business/txt/2012-03/26/content_24986724.htm


【アドウェイズのプレスリリース】
中国重慶市に新開発拠点を設立し、スマートフォン関連ビジネスを強化
http://www.adways.net/press/adways166.html

蛇足:私が思うに、
 重慶で真っ先に思い浮かべるのが、中国共産党の権力闘争の舞台となったこの春の事件。文化大革命を彷彿とさせる腐敗撲滅運動や愛国主義的教育を推進した薄煕来・重慶市党委書記(市長)が解任させられた。

 JETROの資料を見る限り、薄氏の在任期間中の5年間で重慶市の経済成長が加速したことは確かだ。腐敗撲滅にやっきになるくらい成長したと見るか、さてまた後任の指導者の下で、さらなる成長を遂げるのか。そもそも政治状況と関係なく発展しているのか。

著者プロフィール:本田正浩(Masahiro Honda)

写真家、広義の編集者。TechWave副編集長
その髪型から「オカッパ」と呼ばれています。

技術やビジネスよりも人に興味があります。サービスやプロダクトを作った人は、その動機や思いを聞かせて下さい。取材時は結構しっかりと写真を撮ります。

http://www.linkedin.com/in/okappan
iiyamaman[at]gmail.com

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP