グッとくる! PC画面に向ってスマホでキャッチボール 【増田 @maskin】

non-Categoryキャッチボール

[読了時間: 2分]
 いよいよゴールデンウィークも後半戦。遠くに旅行する人もいれば、暇をもて余している人もいるのでは? そんな人にオススメなのが「レッツキャッチボール」。スマホをグローブに、PC画面から投げてくるボールをキャッチするというもの。単純だけどリアルなのです。


レッツキャッチボール_プレイ画面 やり方は簡単。

 まず、PCでキャッチボール社のページを開き、「レッツキャッチボール」のボタンをクリック。

 「次にスマホで「レッツキャッチボール」のページを開き、PCの画面に表示されている4桁の番号を入力する。これでおしまい。

 しばらくすると、画面上の友達がボールを投げてくるので、それをうまくスマホでキャッチする。
IMG_3427

 うまくキャッチしたら投げかえそう。

 決して甘いボールは投げてこないので、しっかりキャッチして、気合を入れて返球だ。

【関連URL】
・スペシャルコンテンツ「レッツキャッチボール」(PC専用)
http://lets.catch-ball.co.jp/
・株式会社キャッチボール公式サイト
http://catch-ball.co.jp/

蛇足:僕はこう思ったッス
masaki_masuda_60 近年はキャッチボールをする親子をなかなか見なくなってしまった。甘くないボールを投げられると、なんだかジーンとくる。キャッチボールって、心を通わせるいいスポーツだなぁ。
ちなみにこのコンテンツはウェブPRエージェンシーの「キャッチボール」社の5周年をお祝いするコンテンツ。しっかり作り込まれたビジュアルと、考えられたUXに関心しちゃいます。
著者プロフィール:TechWave 編集長・イマジニア 増田(maskin)真樹
変化し続ける高エネルギー生命体。8才でプログラマ、12才で起業。18才でライター。道具としてのIT/ネットを追求し、日米のIT/ネットをあれこれ見つつ、生み伝えることを生業として今ここに。1990年代はソフト/ハード開発&マーケティング→週刊アスキーなどほとんど全てのIT関連媒体で雑誌ライターとして疾走後、シリコンバレーで証券情報サービスベンチャーの起業に参画。帰国後、ブログCMSやSNSの啓蒙。ネットエイジ等のベンチャーや大企業内のスタートアップなど多数のプロジェクトに関与。坂本龍一氏などが参加するプロジェクトのブログ立ち上げなどを主導。 Rick Smolanの24hours in CyberSpaceの数少ない日本人被写体として現MITメディアラボ所長 伊藤穣一氏らと出演。活動タグは創出・スタートアップマーケティング・音楽・子ども・グローカル・共感 (現在、書籍「共感資本主義」「リーンスタートアップ」執筆中)。@宇都宮ー地方から全国、世界へを体現中。
mail <メール maskin(at)metamix.com | 書籍情報・ 詳しいプロフィールはこちらTwitter @maskinFacebookhttp://www.linkedin.com/in/maskin
maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。
maskin
Follow me

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP