クラウドソーシングアニメ動画制作「 Crevo」、実写動画コラボが可能に 【@maskin】

CONTENTS, News, Startups, WorldAnimation, Crevo, LOCUS, purplecow, 柴田憲佑


[読了時間: 2分]

 クラウドソーシングの仕組みを応用した動画制作プラットフォーム「Crevo』(読み方:「クレボ」)」が好調だ。

 有力なデザイナーを世界80か国から4000名を集めロゴやインフォグラフィックなど、イラストを主力としたクラウドソーシング事業を展開するPurpleCowが、そのノウハウをアニメ動画制作に投入べく2014年3月18日にβ版の提供を開始したものだ。

 「Crevo」の最大の特徴は、ディレクターやクリエイター(イラスト)、声優など複数のメンバーが、クラウドソーシングの仕組みの活動によりスマートに一つの作品作りに動画制作関わる点。

 そこに、さらに実写の力が加わることになる、


 PurpleCowは2014年4月22日、動画制作を行うLOCUSと業務提携をし、「Crevo」の制作案件において実写動画を使用した制作プランをオプションで提供することを発表した。

 インタビュー映像など実写映像が必須となるシーンにも対応できるほか、冒頭および以下のような実写映像とアニメを組み合わせた映像の生活も可能となる。

 「Crevo」は、世界中の有力デザイナーの高クオリティ動画を、70秒程度で18万円からと破格なプライシングで制作依頼できるということで、動画広告などの分野に高い注目を集めている。

 「価格の安さはもちろんなのですが、監督とストーリーを相談して制作できるという敷居の低さが注目を集めており、スタンダードレンジの価格帯の利用が増加しています。

 今回の実写動画連携は、オプションで価格も随時応談していく形態ではありますが、簡単なものであれば5万円くらいから本格的なものでも40万程度の追加料金で実現できますので、その表現力の豊かさを考えればCrevoの事業の可能性を拡大するきっかけの一つになるのではないかと思っています」(PurpleCow 代表取締役 柴田憲佑 氏)


【関連URL】
・サービス紹介動画やアプリ紹介するための動画制作を手軽に | Crevo[クレボ]
https://crevo.jp
・「Crevo」世界のクリエイターにアプリ紹介アニメを作ってもらえるクラウドソーシング 【@maskin】
http://techwave.jp/archives/crevo_launching.html
・「designclue」世界60ヶ国のデザイナーがコンペに参加するクラウドソーシングサイトがすごい 【増田 @maskin】

「designclue」世界60ヶ国のデザイナーがコンペに参加するクラウドソーシングサイトがすごい 【増田 @maskin】



蛇足:僕はこう思ったッス
maskin2011009rev.fw EU圏の有力クリエイターの活躍が目立つCrevoアニメの世界。実写とのコラボにより表現力の高さは、イラストレーター&アニメーターの創造性をさらに一段階レベルアップしてくれるように思う。また、3月の公開時点では日本語のナレーションだけだったが、すでに英語を筆頭として多言語ふきこみの対応も開始しているとのことで、世界のクリエイターを活用した「日本初世界展開」に活用できつつある。
あ、つまり、日本のリソースだけで「さあ、世界にいくぞー」と船をこぎ出すのではなく、世界視座で各国の人と一緒に世界に着地するというしごく妥当なマーケティング展開が可能になるという点に注目しているわけです。


Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。

maskin [at] metamix.com
LinkedIn: maskin
Follow me