Evernoteが新プライバシーポリシーを撤回、社員によるユーザーデータの無断閲覧に反発 【@maskin】

Privacy

米Evernoteが発表した新しいプライバシー日本語抄訳)について、直後からユーザーらの強い反発が広がったことを受け、同社は12月15日に当該ポリシーの撤回を発表した。

予定していた新しいプライバシーポリシーでは、機械学習技術によって関連性の高い情報を提供する機能が正しく動作しているかを確認するために、一部の社員がコンテンツの中身を目視で閲覧することができるようにするといった内容になっていた。Evernoteは、さまざまな情報を記録できることを売りにしたデータベースソフトで、個人的な情報やプライバシーに直接関係する情報などを保存する人も多く「見られたら丸裸にされる」と危惧する人が多かった。

声明でEvernote CEOのChris O’Neil 氏は「間違っていた」ことを認め、2017年1月23日に施行される予定だったプライバシーポリシーを撤回すると発表。今後数ヶ月で今回のような懸念が発生しないような信頼が確立できる内容へと改訂をすると説明。

ユーザーの情報については同社が掲げる「データ保護の3つの法律」を継続的に尊重するという。

・あなたのデータはあなたのもの
・あなたのデータは保護されている
・あなたのデータは持ち運びできる

機械学習技術は提供予定だが、ユーザーが認めない限りユーザーが保存した内容を従業員が閲覧することはないという。

【関連URL】
・Evernote Revisits Privacy Policy Change in Response to Feedback
https://blog.evernote.com/blog/2016/12/15/evernote-revisits-privacy-policy/

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 

技術革新と権利感覚

CEOのO’Neill氏はこの声明の中で 「機械学習によってEvernoteの顧客に何を提供することができるのか非常に興奮している」と語っている。個人情報の利用を確認することを二の次にしてしまったというのが実際のところのようだ。広報によれば「経営陣は猛省している」とのことで、今後よりよいサービスとして進化してもらえればと思うのだが、今回発生した懸念はあまりにも多くこれを払拭するには相当な時間がかかるのではないのだろうか。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

PAGE TOP
More in Privacy
行動追跡を防ぐプライバシー保護ブラウザ「Firefox Focus」iOS版登場 【@maskin】

Close