米Google、iPodの父 Tony Fadell氏創業「Nest Lab」を32億ドルで買収 ーホームデバイス開発 【@maskin】

News, SanFrancisco, SiliconValley, WorldAcquire, Apple, google, NestLabs, TonyFadell, 買収


[読了時間: 2分]

 米Googleは2014年1月13日、Nest Lbas, Inc.を現金32億ドルで買収したと発表した。

 Nest Labsは、元米AppleのiPod部門担当上級副社長のTony Fadell氏が2011年に創業した家庭向けのデバイスメーカー。

 スマートデバイス連携を前提に、家庭内の生活シーンをシンプルにするというコンセプトで、第一段製品として温度センサーを搭載した学習型冷暖房コントローラー「Nest Thermostat」を249ドルでリリース。

 単なるリモコンではなく、熱効率を向上させる機能を持ち、北米では同種の製品では断トツの人気となっている。

screenshot_647

 最近は、煙&CO2センサーを搭載したホームセキュリティ製品である「Nest Protect」を129ドルで発表。

screenshot_646

 Wi-Fi搭載・スマートデバイス連動は当然として、単なるモノブームに乗るだけでなく、新しいコンピューティング像を形成する製品ラインナップに注目が集まっていた。

 投資家は、KPCBやGoogle Venturesが名を連ねており、2014年冒頭にも1500万ドルの増資のニュースがあったばかりだった。 


【関連URL】
・Life with Nest Thermostat | Nest
https://nest.com
・Google to Acquire Nest
http://investor.google.com/releases/2014/0113.html






蛇足:僕はこう思ったッス
maskin2011009rev.fw およそ20年ほど前。Things of Internet(モノのインターネット)に似たブームがあった。そもそも一定の活気があったホーム市場に、コンピュータ連携の波を起こそうというものだ。Real World Connectionとして、インターネットと通じた計測と制御の可能性にフォーカスする動きは確かにあり、BtoB向けの事業は一定量増加し続けたと思う。
ただ、BtoCや社会的イノベーションのためのプロダクト浸透を狙うには時期尚早だったのは事実で、モノとIT、そして通信の融合を世界で最も知るTony Fadell氏だからこそ実現できた製品ラインナップなのかもしれない。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。
maskin
Follow me

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP