「Varjo」人間の目のレベルの解像度を実現するVRヘッドセット

VR/AR/MR

進化を続けるVR/MR領域のテクノロジー。フィンランドのVarjo社は「人間の目の解像度を実現」することで、シームレスに現実と3Dオブジェクトを混在することができるといいます。

Varjo社が特許を取得した「Bionic Display™」テクノロジーは、人間の目の自然な動きを模倣することで「今日のVR/ARデバイスの100倍までの解像度をもつ製品を製造することができる」(公式サイトより)としています

以下の写真は、Oculus CV1プロトタイプの筐体(アイピース)に「Bionic Display」のシステムを組み込んだデモをソニーのデジカメで撮影したものです。上が「Bionic Display」、下が元々のOculusの映像です。

このように明かな差がある「Varjo」の技術は、同社によると「70メガピクセル」の解像度があるといいます。これは8K解像度(およそ33メガピクセル)の倍となり、既存の映像データ伝送技術ではカバーできない情報量となると考えられますが、米TechCrunchの報道によると「30メガピクセルのソニー製MicroOLEDディスプレイを使っているが、ユーザーの目の位置を追跡し、視点の中心にある領域のみを完全な解像度でレンダリング」するという独自技術を開発しているとのことです。

比較デバイス有効解像度視野角
Varjo 20|2070 MP100°
Oculus, Vive1.2 MP100°
VRの5年後*16 MP140°
HoloLens1 MP32°
ODG R92 MP50°
Meta II1.8 MP100°
* Oculus チーフサイエンティスト Michael Abrash氏が 2016年開催のOculus Connect 3で予想

Varjo対応デバイスの申し込み受付は2017年第四四半期の末頃を予定しており、1万ドル未満の価格で実現しようとしていいます。

【関連URL】
・Varjo
http://www.varjo.com

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 VRヘッドセットを色々試しているのだけど、やはり細かい部分でボケを感じてしまうことが多い。臨場感はあるけど、リアリティが欠けている。これはみんな感じたことがあるのではないだろうか?ARやMRで現実とリンクさせるていても、細かい部分がコンピューター映像止まりでその先に行かない問題。Varjoの技術は、この壁を乗り越えることができるのか?注目されます。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

VR/AR/MRHMD, MR, OLED, Varjo

Posted by maskin


PAGE TOP
More in HMD, MR, OLED
Microsoft「HoloLens 」日本での提供開始 【@maskin】

Close