メルカリもツケ払い、翌月一括払い試験運用開始

C2C

メルカリは本日2017年6月5日、購入した商品の代金の支払いを翌月まとめて行うことができる「メルカリ月イチ払い」の試験運用を開始しました。

上限金額は2万円で、後払い一回あたりの手数料は100円となっています。支払いはコンビニまたは銀行ATMで行えます。メルカリでの売り上げ金を支払いに充てることも可能です。将来的には口座振替にも対応するとのことです。

ツケ払い(=商品先受け後払い)のシステムは日本国内様々な業種や地域の慣習として残っていますが、最近ではECサイト「ZOZOTOWN」が手数料324円(税込み)で二か月後払いに対応する「ツケ払い」サービスを提供したとこで話題となりました。

メルカリによれば「月に何度も商品を購入されるお客様にとっては、その都度コンビニを訪れて支払う手間がかかるというデメリットがありました」ということで、「メルカリ月イチ払い」では月に何度も買い物をされた場合でも翌月まとめて一度に支払うことができるサービスになっています。(オープニングキャンペーン期間中は月に何回使っても100円)

なお、試験運用期間中は、過去の利用実績などをふまえた一部のユーザーにのみ提供し、順次拡大していくとのことです。

【関連URL】
・「メルカリ月イチ払い」試験運用開始のお知らせ
https://www.mercari.com/jp/info/20170605_monthlypay/

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 いわゆる古くからある買い掛けという商慣習。相手あってのことなので、支払いが滞れば社会的信用に影響するのは当然。それを踏まえれば悪いことでもないとは思うのだが、やはり人によってはトラブルに発展することもある。特に非対面型のネットサービスだと無責任になるという懸念はあってしかるべきだけど、やはり信用情報がネットワーク化される時代なのでどこまで影響が大きくなるかわからない印象。メルカリの場合、あくまで目的が違うということだけど構造は後払い。ただ、国内5000万ダウンロードのユーザー規模だと、ちょっとした問題でも規模が大きくなる。ユーザーを限定したり、金額を絞るなどさすがに慎重になっている。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

C2Cツケ払い, メルカリ

Posted by maskin


PAGE TOP