シェア会議室の運営を無人化、スペイシーがAkerun連携で実現

Share

首都圏を中心に約2000室以上の遊休施設を1時間あたり500円〜といったリーズナブルな価格帯で借りることができるサービス「スペイシー」。

この度、スペイシーは、スマートロック事業で企業などに多数の導入事例を持つ「Akerun」を運営するフォトシンスと連携して、無人で運営できるシステムを導入しました。

「スペイシー」は、会議室から研修施設、イベントホール等を皮切りに、レンタルキッチンや撮影スタジオ、パーティースペースといった遊休施設を、時間単位でレンタルスペースとして貸し出すことができるサービスです。

施設を増やすために、遊休施設オーナー向けに導入パッケージの提供などをしてきました(参考:「空きスペース資産を手軽に活用できるパッケージ展開へ、会議室シェアリング事業「スペイシー」が総額2億円調達」)。

シェア会議室の鍵管理問題を払拭

一方で、問題になるのが鍵の管理です。現場で対応するスタッフを配置するとなると、リーズナブルな設定はなかなか難くなります。そこで「ネットと繋げて、外部から鍵の開け閉めができる唯一のサービス(検討当時)」(スペイシー代表 内田圭祐 氏談)として導入がきまりました。

実際、鍵のやりとりは手間がかかり、キーボックス設置などを検討するにしても負担が大きく、それが遊休施設のシェア活用の障壁になる面もあったようです。

スマートロック「Akerun」は、貼り付けるだけで導入でき、オンライン鍵管理システムなど遠隔・クラウドでの鍵管理ができる多機能さが評価され、多くの企業、社長室などのセキュリティシステムとして導入されてきました。

リーズナブルながら人と施設の流れを管理できる2つのサービスの連携は、施設利用の新たな価値想像を加速させるでしょうか。

【関連URL】
・会議室のシェアサービス「スペイシー」
https://www.spacee.jp/
・Akerunスマートロック|入退室管理システム
https://akerun.com

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 スマートロックは鍵の革命を起こす力があると思う。僕は自宅にスマートロックを導入してから、鍵を使ったことが数えるくらいしかない。まだ、誤動作したり、エラーになったり課題はあるが、それは時間が解決するだろう。面倒なことが解消された時、マスプロダクトとして浸透する可能性は十分にあると思う。それをビジネスにつなげたスペイシーは素晴らしい。スマートロックのビジネス活用は賃貸などの内覧などイメージが限定的だったが、実サービスとして、かつ無人化活用に成功したら、それはシェアリングビジネスとしては大きな一歩。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in Akerun, PhotoSynth, スペイシー, フォトシンス
空きスペース資産を手軽に活用できるパッケージ展開へ、会議室シェアリング事業「スペイシー」が総額2億円調達

PhotoSynth、複数の写真から動く3D映像を作成できる驚愕のサービス 【@maskin】

Close