【Singapore】1億6000万のファンディングを目指して勝ち抜くスタートアップを地元のTV局が募集開始!

News, Singapore, StartupsNewsAsia

正直最初見たときは「これ本当?」と思いましたが、本当の話です。

シンガポールのニューステレビ局、Channel NewsAsia が、勝ち抜いたスタートアップがファンディングを受けるまでの道のりをドキュメンタリーで追いかける番組を始めるに当たり、参加したいスタートアップを世界中から募集しています。

何と、勝ち抜いたチームには、1億6000万円のシード資金がつくのだとか。

シードと言えば通常500万位からというのが通常の世界から、昨今大型シードマネーのつくスタートアップが増えてますが、その流行に乗ってこの番組も200万シンガポールドル(約1億6000万円)という高額の賞金が付くのだそうです。

StartUp Image

 

 

それだけの資金が付くという事は、お客様がゼロの段階で10億以上の市場価値のあるスタートアップコンセプトを作るという事で、次のFacebookやTwitter級のスタートアップをシンガポールから産み出したいという国の強い要望も感じるプログラムです。

その勝ち組スタートアップを選ぶのは、シンガポールの政府との共同投資プログラム等も行う RedDotVenturesとTNV Venturesの方々。

是非日本のみなさんも応募してみたらいかがでしょうか?ファンディングと知名度が一気に上がるチャンス!かもしれません!

応募は10月一杯公式サイトからだそうです!


【関連URL】
・公式サイト: http://www.thestartup.asia/


著者プロフィール:Peatix Asia Pte. | Peatix Inc. co-founder & Head of Asia 竹村 詠美
Peatix Asia Pte. | Peatix Inc. co-founder & Head of Asia
IT・テレコム業界などの経営コンサルティングを経験後、黎明期の99年にネット業界に転身。ポータル事業の取締役・ビジネスディベロップメントの責任者を経てAmazon.co.jpで書籍の販売責任者・マーケティングの責任者を歴任、同社の日本経営チームにも参画。第一子を出産後、ウォルト・ディズニーのインタラクティブメディア部門のオンライン・モバイルコンテンツ・Disney Mobileのマーケティング責任者を務めた後Orinoco株式会社の立ち上げに参画。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP