twilio sms 登場、ウェブ&アプリからSMS送信が可能に 【@maskin】

News


[読了時間: 2分]

 KDDI Web Communicationsは2013年6月27日、ウェブサービスやアプリから携帯電話網のSMSでテキストメッセージを受送信できる新機能「twilio sms」の提供を開始した。

 このサービスはソフトウェア開発者がWeb APIを利用した音声通話など可能にするクラウドサービス「Twilio」の一環で、同社は米Twilioと提携して4月17日から日本版サービスの提供を開始していた。

screenshot_328

 SMS送信料は、1通あたりの金額で、au宛が9.6円、NTTドコモ宛が9.6円、ソフトバンクモバイル宛が1.5円となっている。

 SMSの受信については、どのキャリアからでも共通で、1通あたり1円となっている。


 クラウド電話 API「Twilio」 は、インターネット上に用意されたAPIを利用することでアプリやウェブサービスから電話をかけたり・受けたりするだけでなく、音声再生やVoIPなど多様な機能を世界で展開している。


【関連URL】
・機能 Twilio SMS-Twilio for KDDI Web Communications|KDDIウェブコミュニケーションズ
http://twilio.kddi-web.com/sms/
・Twilio日本版提供開始、ソフトウェア人はいつ始める?今でしょ! 【増田 @maskin】
http://techwave.jp/archives/51786843.html


蛇足:僕はこう思ったッス
LINEがヒットした要因の一つに「キャリア等の問題によるコミュニケーション上の不都合」があった。携帯とPC、キャリア間、国をまたがるコミュニケーションの問題をインターネットベースのサービスは解消する可能性がある。日本においては出荷数ベースではスマホ主流とはいえ、まだまだガラケー使用者は残っているので、その辺のカバレッジにも活用できそう。何よりこういった機能がAPIという形で公開されることで、SMS周辺に眠る需要を発掘する流れが起きることが大切に思える。


著者プロフィール:TechWave 編集長・イマジニア 増田(maskin)真樹
変化し続ける高エネルギー生命体。8才でプログラマ、12才で起業。18才でライター。道具としてのIT/ネットを追求し、日米のIT/ネットをあれこれ見つつ、生み伝えることを生業として今ここに。1990年代はソフト/ハード開発&マーケティング→週刊アスキーなどほとんど全てのIT関連媒体で雑誌ライターとして疾走後、シリコンバレーで証券情報サービスベンチャーの起業に参画。帰国後、ブログCMSやSNSの啓蒙。ネットエイジ等のベンチャーや大企業内のスタートアップなど多数のプロジェクトに関与。坂本龍一氏などが参加するプロジェクトのブログ立ち上げなどを主導。 Rick Smolanの24hours in CyberSpaceの数少ない日本人被写体として現MITメディアラボ所長 伊藤穣一氏らと出演。活動タグは創出・スタートアップマーケティング・音楽・子ども・グローカル・共感 (現在、書籍「共感資本主義」「リーンスタートアップ」執筆中)。@宇都宮ー地方から全国、世界へを体現中。
mail メール maskin(at)metamix.com | ChatWork(Voice/Video) | 書籍情報・ 詳しいプロフィールはこちらTwitter @maskinFacebook
maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

PAGE TOP
More in News
[詳説] Windows 8.1 プレビュー版配布開始、大きな進化とその魅力 【@maskin】

EverRSS という選択 ー EverenoteをRSSリーダー化、Googleリーダーからの乗り換えも2ステップでOK 【@maskin】

Echelon 2013 レポート: 行ってみて、参加して、アジア通になろう! 【竹村詠美】

Close