iPhoneのカメラから画像解析、最適なスキンケアを提案するBeautêcamが待望のローンチ【本田】

News

News

[読了時間:1分]
 2012年3月12日、株式会社洛洛.comは、SXSW(テキサス州・オースティン)の会場で、Beautêcam(ボーテカム)を発表した。
beaute(仏)=beauty(英)


B ...

記事を読む

モバイル送金、モバイル金融はインドからアフリカ、そして世界へ【湯川】

News

News

[読了時間:5分]

 インドは今後、シリコンバレーを超える世界のテクノロジーセンターになるのではないか。2月のインド取材を終えて、その思いを強くした。インドの技術が世界に広がる兆しを肌で感じたからだ。中でも、モバイル機器を ...

記事を読む

WonderShakeが次期サービス「Tsudoi」のプレサイトを公開 【増田(@maskin)真樹】

News

News

[読了時間:1分]

 2011年夏に新感覚のソーシャル系サービス「WonderShake」をリリースした鈴木仁士(WonderShake CEO&共同創業者)が新しいプロジェクトをス

記事を読む

仕事探しにこそ人間関係が効く IT系フリーランサー向けビジネスマッチングFacebookアプリ「ProFinder」【湯川】

News

News

[読了時間:2分]

 インターネットはこれまで、モノやサービスの最低価格を探すのに便利なツールだった。モノを最低価格で購入できる利点は確かに大きいのだけど、サービスは価格だけで単純に判断できない。「少々高くてもいいので安心 ...

記事を読む

今いる場所の正確な日時を表示する「Time.is」は世界時計として最高に便利かもしれない【増田(@maskin)真樹】

News

News

[読了時間:1分]

 これだけ世界に関心が向けられる時代であっても「あれ、ニューヨークで発表される新製品の発表って、日本だと何日の何時?」という話題は尽きない。海外旅行をしていても「今、ここっ

記事を読む

“夢のガジェット” 専用クラウンドファンディング、CerevoがCAMPFIREと協業 【増田(@maskin)真樹】

News

News

[読了時間:3分]

Cerevo DASHに出品中のガジェット「iConvex」のプロトタイプ。秋葉原で販売されているキットだけで作成。こういったアイディアの製品化の夢をみんなで支援するのがCere

記事を読む

米Walmartがソーシャルコマースに本腰【湯川】

News

News

[読了時間:2分]
 米TechCrunchは、米大型小売チェーンWalmartが、Facebook上のソーシャルカレンダーアプリ「socialcalendar」を買収したと報じた。

 「socialcalenda ...

記事を読む

新しいiPad 人気沸騰 今注文しても受け取りは2,3週間後【湯川】

News

News

[読了時間:1分]
 3月16日に発売されるAppleの新型iPad。オンラインで注文すると一人最大2台までという制約があるにもかかわらず、今注文しても出荷予定日は2,3週間後という。一方で店頭販売は3月16日に予定されている ...

記事を読む

ゲーム要素を取り入れた社会貢献プラットフォームを目指す“i-kifu”【三橋ゆか里】

News, Startups

News, Startups

[読了時間:1分]

i-kifuというNPO支援のサービスをつくったNhat Voungさんへ三橋ゆか里さんが取材を行いました。こういうサービスが増えるのは嬉しいですね。(本田)
三橋ゆか里
(@yukari77 ...

記事を読む

iTunesから生まれた新しいラジオ「Music Beam」「僕のラジオ」、音楽発掘の喜び 再び【増田(@maskin)真樹】

News

News

[読了時間:3分]

 iTunes Music Storeでは楽曲購入前に数十秒間をプレビューできるようになっているが、最近、そのプレビュー部分を連続で再生することができるアプリが注目されてい

記事を読む

SXSW2012が開幕、Compath.meがTech Cocktail主催イベントのファイナリストに選出【本田】

News

News

[読了時間:1分]
 2012年3月9日、ITと音楽、映画の祭典SXSW(South by Southwest)がテキサス州オースティンで開幕した。


来場者登録のための長い列
(Photo: Masah ...

記事を読む

メール代替を狙う、もう一つの新サービス「Fluent」 【増田(@maskin)真樹】

News

News

[読了時間:2分]

 未だに続く電子メールのお作法。紙の手紙のように拝啓から始まり、季語まで使って結局話すのは「納期の催促」や「ごめんなさい行けません」。ITやインターネットはこういった無駄を

記事を読む

PAGE TOP