大量のプロの表現者が食べていける時代は、終わってもいいんじゃないか【湯川】

News

News

 いやもちろん僕自身、物書きとして生きていきたいと思っている。だから個人的には好きな表現の仕事をして生きていける時代が今後も続いてほしい。しかし社会の流れとしては、作家やミュージシャン、カメラマン、ジャーナリストなどといったプロの表現 ...

記事を読む

PAGE TOP