ツイッターでメディアを作る= Huffington Postの場合

 ツイッターにリスト機能が搭載されたので、同じテーマのつぶやきを集めることでメディアができるなと思っていたら、米政治ブログメディアのthe Huffington Postが作っていた。早っ!
Healthcare Debate LIVE on Twitter

Healthcare_debate_live_on_twitter

ヘルスケアの専門家のつぶやきを左コラムに、真ん中には動画があって、その下に民主党、共和党議員のつぶやきをそれぞれ並べている。
 例えば動画の部分に、ヘルスケアに関する大統領の演説があり、それに対する両党議員と専門家のリアルタイムつぶやきがみれればどうだろう。絶対面白いと思うよ。「にこにこ生放送・ヘルスケア専門家、議員版」みたいな感じ。
 こうした見せ方にすると、両党がどんな考え方か、どの議員がどんな考え方か、はっきり分かってくる。

 これこそが、ニュースサイトのあるべき形だと思う。
 報道って何のためにあるのか。ニュースって何のためにあるのか。有権者に賢明な投票行動をしてもらうためにあるんじゃないのか。それを考えないでやってると、特ダネ合戦ってというゲームに成り下がりはしないか。
 そういう意味でニュースサイトは、時事問題に関しどの議員がどのようなスタンスなのかを明らかにするようなサイトに進化していくべきだと、ずっと思ってきたし、報道機関はそうしたニュースサイトを目指すべきだと、ずっと主張してきた。
 ようやくそうしたサイトが出てきたことは非常にうれしい。

About maskin

1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長を経て現在に至る。
https://valu.is/maski