VR空間の人やモノに触れることができる手持ちデバイス、米Microsoft Researchが公開 【@maskin】

VR/ARMicrosoft Research, ハプティック, 触感

良質なVRコンテンツの没入感は未体験の人には想像もできないほど強烈だ。“あと一歩” とその先に手を伸ばしても届かない。逆にそれが被験者を現実に引き戻してくれる。

もし、“その先”、VR空間の人やモノに触れることができたらどうだろう?本当に握っている感覚、その質感、その力強さや圧力を感じるのだとしたら。

3Dモデルの形状を動きで伝える小型デバイス

米マイクロソフトリサーチが研究中のコントローラー「NormalTouch and TextureTouch: High-fidelity 3D Haptic Shape Rendering on Handheld Virtual Reality Controllers」は、そうしたVR利用者の夢を叶えるのかもしれない。

screenshot_1425

この手で持つタイプのデバイスは、VR空間の物体の形状を触感として伝えるようにするもの。研究中のものなのでグローブなどの形状をしていないが、その再現は高精度で本当に触っているかのような感覚を与えるという。

これまで、ペン型のハプティック(触感)デバイスは「Geomagic」や「PHANTOM OMNI」といったものが存在していたが、今回の研究ではピンポイントではなく、4×4の升目に配置された突起が触感を伝え、かつ手で持ち運べるサイズというのが特徴になる。

この度公開されたのは2つのデバイスで、傾斜や形状を認識する「NormalTouch」と表面の状態をフィードバックする「TexTureTouch」。

この技術が実用化するのであればVR空間の人やモノを全方位から触れることが可能になるだけでなく、その質感を得ることができると期待される。

【関連URL】
・NormalTouch and TextureTouch: High-fidelity 3D Haptic Shape Rendering on Handheld Virtual Reality Controllers
http://dl.acm.org/citation.cfm?id=2984526

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 VRやばい。某VRコンテンツパブリッシャーで最新のデート系コンテンツを体験したのだが、かえってこられなくなるほどの完成度だった。臨場感はもちろんのこと、特にモノや人や生き物が目前に迫った時、無視することできない存在感に戸惑いを覚える。「触れないの?よかったー」と安堵するも、もしリアルが触感がそこにあったら生命体としての存在意義に疑問すら感じられるのではないだろうか。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。
maskin
Follow me

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

VR/ARMicrosoft Research, ハプティック, 触感

Posted by maskin


PAGE TOP