グーグル・ミュージック・サービス=音楽でもアップルと衝突か

News

 TechCrunchを中心にグーグルミュージックに関する情報が伝えられ始めた。これまで報じられたことを総合すると、発表は10月28日。記者発表に参加するのは、グーグルに加えて、音楽配信サービスのLaLa、同じくiLike、それに大手SNSのMySpaceの4社。

 TechCrunchは以下のようなUIのイメージも入手している。

googlemusic

楽曲名やアーチスト名で検索すれば、検索結果のページに上の画面が出てくるのだろう。画面に「Why am I not hearing the full song?」という表現があることからも、著作権の関係から全曲フルでストリーミングを聴くことができない場合もあるのだろう。あくまでも検索結果では視聴だけで、購入へと誘導するということだろう。

 購入手続きやカスタマーサービスは、グーグル以外の3社が担当するという形になるものとみられる。

 この形ならアップルが参加してもよさそうなものだけど、アップルのiTunesは既に音楽のポータルとして確固たる地位にいるのだから、グーグルからの誘導は必要なし、ということなのか。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

News

Posted by maskin


PAGE TOP
Read previous post:
マイクロソフトBINGがツイッターと契約、グーグルも
アップルが引き起こすパソコン業界のゴタゴタ
米Yahoo、アリババ株売却で好決算
Close