ソーシャルメディア化するケータイ=Asurionに見る近未来

News

 もう何年も前からケータイこそが究極のSNSだと言ってきた。ケータイのどこがSNSなんだよって結構突っ込まれることが多かった。まあうまく説明できな
い自分が悪かったんだけど。
 ケータイの中の連絡帳こそソーシャルグラフ(人間関係の縮図)だし、ケータイを電話としてではなくソーシャルメディアのモバイル端末として使うよ
うになるんじゃないかというようなことを言いたかったわけ。若者はモバゲーやグリーで友人たちとゲームするのがケータイの主目的だし、iPhoneおじさ
んたちはtwitterに夢中。もうその方向に進んでいるのだが、もっと明白に「ケータイはソーシャルメディアだ」と分かる仕組みになるんじゃないかと
思っていた。
 そういう自分が漠然と抱いていた形に近いものが、アンドロイドケータイ向けのアプリとしてリリースされている。残念ながらアンドロイドケータイを持って
いないので、使用感は分からないが、英語の情報をもとにどんなものか見ていこう。これが数年前から僕が抱いていたケータイの次の形だったんだ。
 アプリ名はAsurion Mobile Addressbook。アシュリオンと発音するようだ。

Photo

 コンセプトとしては、ケータイの連絡帳を核にソーシャルメディアを紐付けしていくということ。連絡帳を開くと、普通の連絡帳のように、住所、氏名、電話番号、メールアドレスなどの項目がある。

Photo_4

でももちろんそれだけではなくて、twitterやfacebookといったソーシャルメディアの項目もある。

 

Witter_2

twitterの項目にタップすれば、この友人のtwitterの直近のつぶやきが表示される。その画面から、replyをつぶやくこともできる。

facebookの項目をタップすれば、その友人のfacebook上での活動のリストが表示される。

Facebook

YouTubeの項目をタップすれば、その友人が最近YouTubeにアップした動画や、お気に入りに選んだ動画のリストを見ることができる。

Youtube

アマゾンの項目をタップすれば、その友人のアマゾンのウイッシュリストが表示される。
ウイッシュリストって使ったことないんだけど、日本のアマゾンにもあったっけ?
ウイッシュリストって、普通アメリカのデパートなどに、「こんなのほしい」というような商品をリストにして登録しておくと、友人が検索してくれて、結婚式や誕生日、クリスマスにそのリストの中からプレゼントをくれる。という仕組みだと思う。

Amazonwishlist

またこうした友人のソーシャルメディア上の活動を集めてきて、タイムラインで一覧表示することができる。友人たちが、どんなことをしているか常に把握できるわけだ。FriendFeedなんかの機能に近い。それをモバイル環境で、連絡帳とひもづけているわけだ。

Notification

どの友人のどのソーシャルメディアのどの情報をタイムラインに表示するのかは設定画面で設定できる。またAPIを公開しているので、mixiやgree、モバゲーなどといった日本のソーシャルメディアもこのアプリ向けに情報を出すことが可能だ。

Notification_2

twitterのfollowerやfacebookの友人をいちいちケータイの連絡帳に登録するのは、面倒な作業だけど、automatchという機能で、自動的にソーシャルメディア内の友人を連絡帳に取り込んで、マッチングしてくれる機能もある。

Contactautomatch

レストランや、店舗も、このアプリ向けに情報を提供することが可能。

例えば、スターバックスを連絡帳のリストに追加できる。

Starbucks

GPSで現在地を確認してから、周辺のスターバックスの所在地を地図上に表示できる。

Starbuckmap

うーん、結構いい線いってると思う。みなさん、どう思われます。

恐らく、これがここ1、2年のケータイの進化の方向だと思う。つまりケータイはソーシャルメディアになっていくと思うのである。

さて僕の関心はその次。

こうしたソーシャルメディア化したケータイに、どのようにセンサーから取得された情報がからんでいくのか、ということ。GPSを使った位置情報。加
速度センサーを使って、電車に乗っているのか、車を運転しているのか、歩いているのか、といった情報。マイクのセンサーを使って、話ぶりから怒っているの
か、悲しんでいるのか、などという情報。ARのように視覚から入る情報。マイクから入手できる周辺のノイズの情報。

こうした情報がどのようにからんで、どのようなサービスを提供するようになっていくのだろうか。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

News

Posted by maskin


PAGE TOP
Read previous post:
英語をベースにした社会
2013年にはWeb2.0的な仕事の進め方が主流に
電子書籍の未来は既に見えている
Close