「プライバー侵害はけしからん」って何がそんなにケシカランのですか

non-Category

いや別にプライバシー問題に真剣に取り組んでいる人にケンカを売るつもりも茶化すつもりもないんだけど、ネット上のプライバシーの問題を考える前に、その前提としてプライバシー侵害って本当に問題なのどうかをもう一度自分で考え直してみようと思ったわけ。
プライバシーを尊重すべきだという考え方が広まったのは近代になってからだとどこかで読んだような気がするし、両親の田舎ではドアに鍵などかける家などなく、近所の人たちが自由に出入りしていてプライバシーのかけらもなかったように思う。僕自身ネット上で予定表やケータイの番号を公開していてよく驚かれるけど、別に不都合なことが起こったことはない。
聞かれれば「プライバシーは重要である」とほとんどの人は答えるけど、ちょっとした景品と引き換えに個人情報を惜しげもなく差し出す、という調査結果は山のようあるようだし。どういうことなんだ、これ?
長い人類の歴史の中でなぜ近代という一時期にだけプライバシーの重要性が叫ばれるようになり、この傾向は21世紀も続くのか。それともプライバシーに関する新しい考え方が登場するのだろいか。
この分野で読むべき本、オススメの本があれば、教えてもらえませんでしょうか。
ああおれって本当に物事を知らないなあ。もっと本を読まなきゃ。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

non-Category

Posted by maskin


PAGE TOP
More in non-Category
イラストをベースにしたSNSのPixiv

 tsudaるからwaveるへ-進化するセミナー、教育
マイケル・ジャクソン・ケータイ、中国で発売

Close