新生Aolいよいよ始動。新しいマスメディアの形を作れるか

non-Category

 グーグルのクローラーを締め出そうが有料化に踏み切ろうが、だめなものはだめ。自分たちの保身と延命にしか興味がなくなった時点で、新しい価値を社会に提供しようという企業に勝てるわけはない。
 でもコンテンツの生成にはコストがかかる。そのコストはどのようにペイすればいいのか。この問題に前向きに取り組んでいる数少ないメディア企業である米Aolがタイム・ワーナー社から10日にスピンオフする。果たして新しいマスメディアの形を構築することができるのだろうか。

 今週はそのAolのニュースが続々。

マスメディアからAolへ記者の大移動

 

New York Timesのテクノロジー記者のSaul Hansellさんが辞めてAolに移籍するという記事。

 Hansellさんは最近、電気通信の分野の記者に異動になった。その分野の記者がいなくなったから、まあだれでもよかった。んーよくある話だなあ(笑)。それで退職。
 このほかにもBusinessWeekのコラムニストのGene Marcialさん
 New York Daily NewsのゴシップコラムニストのBen Widdicombeさん

 AP通信のDiane Davisさん

 DailyFinanceのJeff Bercoviciさん
 Cicago Sun-TimesのGreg Couchさん。

 あーしんど。リンク張るのが疲れるので、この程度にしておくけど、まだまだある。従来型メディアを脱出した記者のAolへの大移動が起こっている。

ロボットエディター

AOL Reveals Its Master Plan: Robot Editors


 独自のアルゴリズム(計算式)で、このテーマの記事がどの程度、読者に読まれるのか、どの程度、広告収入を見込めるのか、ということを予測し、それに従ってフリーランスのライターに記事を書かせるんだそうだ。予想される収入を下回る原稿料しかライターに払わないか、アクセス数に準じて原稿料を後払いするので、Aolは損をすることがない。数多く記事を出せば出すほどAolは儲かることになる。
 理論的には、ね。果たして理論通りになるのかどうか。

 こうしたシステム面での強化を図るため、エンジニアを大募集中だとか。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

non-Category

Posted by maskin


PAGE TOP
More in non-Category
あなたが知らないGoogleの10の事実=やはりTwitterを買収しようとしていた
Amazon、Appleに負けてたまるか=米で雑誌社が大同団結、それで?
われわれは世界を目指すべきか、足元を固めるべきか
Close