Appleタブレットで仮想キーボードを表示すると画面に凹凸が現れる(うわさ)

News

 Appleの中の人でさえも「Apple Insiderの情報収集力はすごいね」と言うApple Insiderが、Appleが申請した特許の書類の中から、タッチスクリーンに凹凸をつける技術の特許申請を見つけてきた。
 何のための凹凸かというとそりゃあなた、ソフトキーボードを表示した際に、指先でキーを確認できるようにでしょ。

 普段はiPhone同様になめらかなスクリーンだけど、ソフトキーボードを画面上に表示したときに、キー間の境目の部分が少し隆起し、となりのキーを打ち間違えないようになるんじゃないか。

"The articulating frame may provide key edge ridges that define the
boundaries of the key regions or may provide tactile feedback
mechanisms within the key regions," the application reads. "The
articulating frame may also be configured to cause concave depressions
similar to mechanical key caps in the surface."

 特許書類ってわざと難し目の表現を使って、どういうことか分からないようにすることがあるんだけど、この文章もちょっと分かりづらい。キーの境界線部分が隆起したり、キーを押したときに少し下がる触感があったりする、ってことなんだと思う。

実際に触ってみないと分からないけど、タッチスクリーンでブラインドタッチも可能になるんじゃないか。

 ニューヨーク・タイムズによると、「スティーブ・ジョブズはタブレットの出来に非常に満足している」という証言があるし、「タブレットとのインタラクションに驚くと思うよ」という関係者の証言もあるけど、これは本当に驚き。

 発表がサンフランシスコで1月下旬にあるという憶測が流れているんだけど、本当にこんなのが出るのか楽しみ。一方で、これが出ちゃうと、ほかのタブレットって全部売れなくなったりしないだろうか。

 少なくとも、この特許を申請していること自体は事実っぽいので、1月発表といわれるタブレットに搭載されなくても、いずれ何かの機器に搭載されることにはなるんだろうなあ。

【関連記事】

Appleのタブレットは年明けにお目見え?

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

News

Posted by maskin


PAGE TOP
Read previous post:
お仕事いっぱいいただきました。ありがとうございました。
Sports Illustratedのタブレット試作号のビデオ
Appleのタブレットは年明けにお目見え?
Close