マルチタッチで圧力を感知できるタッチスクリーンも。やっぱりタブレット新時代がくるのかも

non-Category

 Appleの凹凸が出現するタッチスクリーン技術もすごいけど、NewYork
Times
で取り上げられていた圧力を感知できるマルチタッチのタッチスクリーンもすごいなあ。こうした技術が次々と登場するのをみると、キーボードを通じた入力の時代から、もっと直感的な入力の時代への移行が始まるんじゃないかという予感がするなあ。
 これまでタッチスクリーンといえば、長年PDAなんかに使われていた圧力を感知するタイプのものと、iPhoneなんかに使われている電気の変化を感知するマルチタッチタイプのものの2種類が主流だった。iPhoneはスクリーンを強く押さなくても感度がいいし、2本の指を感知してくれるので、写真の縮小、拡大なんかも2本の指を近づけたり離したりすることで簡単にできるのがいい。でも、スタイラスペンは使えないのが、少々残念。米IntoMobileによると、前者のタイプをresistive touchscreenと呼んで、後者をcapactive touchscreenと呼ぶのだそうだ。
 NewYork Timesの記事が紹介しているTouchco社のInterpolating Force-Sensitive Resistance
(IFSR)技術のタッチスクリーンだと、マルチタッチなのに指先の圧力も感知できる。どんなことができるのかということは下のビデオを見れば分かるけど、ゲームや3Dなんかでいろいろとおもしろいアプリケーションを開発できるんじゃないだろうか。
 このデモではパッドの上をタッチすれば前進、下をタッチすれば後戻りするように設定されている。強めに押せばスピードが増す。パッドの右端をタッチすれば右に回り、左をタッチすれば左に回る。強めに押せば、回転の速度が増す。
 片手をパッドにおけば、手のどの部分に力を入れるかで、前後左右どれくらいのスピードで進むか自由自在に操作できる。両手を置いても、力の入れ具合で操作できる。
 力の入れ具合で、上空に舞い上がるようにもできる。
 まあ設定次第でいろいろできるんだろうけど、左手をアクセルにし、右手をハンドルにすることも可能。
 おもしろいなあ。ぜひ動画を見てみてください。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in non-Category
Appleタブレットで新聞、雑誌が生き返る?BusinessWeekの予測
Appleのビッグイベント1月26日に確定=Fox News
Googleはゴア元副大統領を使ってリクルーティングしていた
Close