【未確認情報】Apple、脱獄iPhoneをAppStoreアクセス禁止処分か?

News

 米Softpediaは未確認情報として、Appleが、同社認定アプリ以外のアプリを利用できるようにユーザーが勝手に改造したiPhoneに対し、iPhoneのアプリ市場であるAppStoreへのアクセスを禁止する処分に出た可能性がある、と報じた。
 Appleの厳しい認定基準を満たさないアプリの中にも魅力的なアプリが多いことから、iPhoneを改造するユーザーが後を絶たない。こうした改造行為は「脱獄」と呼ばれ、ネットを検索すると「脱獄」の方法を解説したり、脱獄アプリを紹介するページが数多く存在する。


 Softpediaの情報ソースであるRedmondpie.comによると、iPhoneハッカー兼開発者のSherif Hashimさんが脱獄iPhoneでAppStoreにアクセスしようとすると、「このAppleIDは、セキュリティ上の理由で利用できないようになりました」というメッセージが画面に表示されたという。

 このほかにも、少なくとももう一人のハッカーのiPhoneに同様のメッセージが表示されたもよう。
 Softpediaは、Appleが世界中の脱獄iPhoneに対して同様の処分に出た可能性があると指摘している。ただ現時点ではこの2件の報告しか上がってきていないので、まだ確定情報とは呼べない。

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in Apple, AppStore, アクセス禁止, 脱獄iPhone
Appleが抱える10の課題=米著名ブロガー
アプリのApple、ブラウザのGoogle=それぞれのモバイル戦略
Appleがテレビ番組を1ドルで配信=英紙
Close