FacebookがTwitter風の画面表示で特許取得=ソーシャルメディアへの影響は?

Facebook

 Twitterの爆発的普及に伴ってTwitter風の情報表示の形を真似るソーシャルメディアが増えてきているが、この表示形態に関する特許を米Facebookがこのほど取得したことが明らかになった。AllFacebookという米国のブログが最初に報じたもので、米国の有力IT関連メディアが後追い報道を始めている。
 問題の特許は2006年8月11日に、Facebookの創業者のMark Zuckerberg氏らが申請したもので、イメージ図を見る限りにおいては、Twitterを初め、Google Buzzや、日本のAmebaなう、Greeなどにも該当しそう。今後専門家の見解などの続報が出るのを待って、情報を追加していきたい。


 特許は、2010年2月23日付けで認可されている。該当特許のページ

 特許のアブストラクトは以下の通りだが、専門的過ぎてTwitterやその他のサービスに当てはまるものなのかどうかはよく分からない。

A method for displaying a news feed in a social network environment is described. The method includes generating news items regarding activities associated with a user of a social network environment and attaching an informational link associated with at least one of the activities, to at least one of the news items, as well as limiting access to the news items to a predetermined set of viewers and assigning an order to the news items. The method further may further include displaying the news items in the assigned order to at least one viewing user of the predetermined set of viewers and dynamically limiting the number of news items displayed.

 ウィキペディアによると、Twitterのサービス開始は2006年7月。この特許出願よりも先になる。この辺りの時間差がどういう影響を及ぼすのか、米国の専門家の見解を待ちたい。

【ネタ元】ReadWriteWeb

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in Facebook, twitter, アメーバ, ソーシャルメディア
Twitterが広告の仕組みを近く発表へ
Twitterユーザーは1秒に600回、1日に5000万回つぶやく

企業向けソーシャルメディア・マニフェスト
Close