安すぎる、タブレット市場の注目株”Moby”、その特徴は? 【三橋ゆか里】

News

3-18-10-marvellmoby99tabletアメリカでは、いよいよiPadが来週4/3(土)に発売されます。日本では4月末の発売だそうですが、もう予約受付は開始されたとか。まだまだ続く iPad熱ですが、ちょっと注目株かもしれないタブレットを見つけちゃいました。Marvell Technology社のタブレット”Moby”、先日開催されたCTIAでお披露目されたもの。今後もタブレット市場の競争は高まっていく一方だと思いますが、”Moby”はそんな競争を大きく変えるプレーヤーかもしれません。


“Moby”の最大の特徴は2つ、価格とターゲットです。フラッシュ対応、高解像度、Wi- Fi・ Bluetooth・FM・GPSに接続可能で、長いバッテリー寿命、3Dにまで対応し、さらに電子リーダーとしても機能する。これだけ多機能で、その価格はなんと99ドル。499ドルから購入可能なiPadの約5分の1です。また”Moby”は、具体的に「教育の現場」に狙いを定めて開発されています。アメリカでは1冊60ドル~200ドルもする教科書。”Moby”を使うことで、生徒は教科書の高額購入や持ち運びから解放され、また教育提供者もデジタルの教科書を常に最新状態にしておくことができるというメリットがあります。また、よく論点になる学校内でのインターネット接続に関しても、3GではなくWi-Fiを利用することで、生徒のウェブ閲覧を制限することができちゃいます。

多機能スマートフォン、電子リーダー、ネットブックと、トータルなプラットフォームソリューションを可能にする”Moby”。他のタブレットでも同じ機能を提供するものはありますが、99ドルというリーズナブルな価格は簡単に実現するものではありません。一般への販売はまだ先ですが、ワシントンD.C.の公立学校への試験導入が予定されているそう。教育現場への”Moby”導入の可能性は大いにありうると思いますが、この機能と価格帯なら、マスへの普及も現実味を帯びてくる気がします。

私たちが単なるガジェットとして生活に取り入れようとしているものを、自分たちの生活を超えて、教育現場にどう導入するかということが検討されているアメリカ。紙中心の教育現場に、いかにデジタルをうまく取り入れるか、といったことに取り組む姿勢は日本ではまだまだ見られません。この姿勢には、多く見習い、学ぶ点があるように思います。

【スタッフブロガー】三橋ゆか里

yukari_pink_smaller肩書きウェブディレクター。ディレクションの他、翻訳やライティングなど、フリーでお仕事してます。ツイッターIDは”yukari77“。

個人で運営している【TechDoll.jp】というサイトで、海外のテクノロジー、ソーシャルメディア、出版、マーケティングなどの情報を発信しています。目指せタイムリーな情報発信!

これまで雑誌のECで→UIデザインのコンサル→ウェブ制作会社などを渡り歩いてきました。そこで得たスキル、人、全部かけがえのない財産。幸せの方程式は、テクノロジー(UI, IA..)×マーケ×クロスカルチャー×書く・編集。いま一番夢に近いとこにいる。

詳しいプロフィールはこちら

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

News

Posted by yukari0707


PAGE TOP
Read previous post:
アゴラセミナー「電子出版の未来」に参加してきました【湯川】

iPad向けコンテンツ情報続々=電子書籍価格、タイトル名など【湯川】
iPadに期待する米出版業界、期待すれば裏切り者扱いされる日本の業界【湯川】
Close