iPhone品薄の原因はディスプレイ不足

non-Category

 米有力情報サイトTheStreetは、納入業者とのパイプを持つアナリストの情報として、iPhoneが世界的な品薄状態に陥っている原因はディスプレイ部品の供給不足にあると報じた。

Rodman RenshawのアナリストAshok Kumar氏によると、ディスプレイ部品の供給不足で、iPhoneの月間製造台数が当初の予定の400万台から200万台に落ちているという。


 供給不足に陥っているのは、iPhone4の高解像度「網膜ディスプレイ」の基幹部品であるplane switching displayと呼ばれる部品。関係筋がKumar氏に語ったところによると、部品不足は早ければ8月に、遅くとも秋には解消される見通しという。

【関連記事】
ソフトバンク、iPhone 4 予約受付を18日で終了 世界的品不足か【増田(maskin)真樹】 : TechWave
iPhone 4.0 のディスプレイは肉眼で見る以上にシャープだった(接写)【増田(maskin)真樹】 : TechWave

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in non-Category
ソフトバンク、iPhone 4 予約受付を18日で終了 世界的品不足か【増田(maskin)真樹】

iPad向けkindleアプリに辞書搭載へ=英語書籍に挑戦しよう【湯川】
iPhone4はメモリがiPadの倍=ゲーム、マルチタスクに期待【湯川】
Close