Adobeがタブレット用のデジタル雑誌を制作するための新ソフトウェアをリリース予定 【三橋ゆか里】

News

iPadなどのタブレットデバイス用のデジタル雑誌を制作するための新たなソフトウェアを開発中であることを、先日Adobeが発表しました。Adobe Labsからダウンロード可能になる予定のクリエイティブソフトウェアは、InDesignで作られた紙の雑誌と、インタラクティブなフォーマットの架け橋となることが期待されます。

Adobeの目的は、出版社がよりタブレット用の雑誌を簡単かつシンプルに作れるようにすること。新しいAdobeのテクノロジーは、モバイルハードウェア特有のニーズにフォーカスしていて、360度の画像反転やピンチ、ズーム時などに使うスワイプなどのジェスチャーナビゲーションなども含まれるそうです。これらの機能は現在AIRで提供されていますが、今後リリースされるInDesignにも統合されるといいます。

6月号のダウンロード数が95,000件を超えたという”Wired Magazine”の人気iPadアプリも、InDesignとその他のソフトウェアを組み合わせて作られているそう。今回発表された新製品では、InDesignのレイアウトを新しいワークフローにインポートし、そこからさらにメタデータを追加したり、ピートレートやランドスケープレイアウトを試すといったこともできるそうです。また、コンテンツを.issue形式(新しいデジタル雑誌用のフォーマット)で出力することも可能。Adobeが”Digital Magazine Workflow/Digital Content Builder”(デジタルマガジンワークフロー/デジタルコンテンツビルダー)と呼ぶ待望の新製品。まだ発表時期は未定ですが、出版社のiPad参入へのハードルを和らげる鍵となるかもしれません。

参考:Mashable

【スタッフブロガー】三橋ゆか里

yukari_pink_smaller肩書きウェブディレクター。ディレクションの他、翻訳やライティングなど、フリーでお仕事してます。ツイッターIDは”yukari77“。

個人で運営している【TechDoll.jp】というサイトで、海外のテクノロジー、ソーシャルメディア、出版、マーケティングなどの情報を発信しています。目指せタイムリーな情報発信!

これまで雑誌のECで→UIデザインのコンサル→ウェブ制作会社などを渡り歩いてきました。そこで得たスキル、人、全部かけがえのない財産。幸せの方程式は、テクノロジー(UI, IA..)×マーケ×クロスカルチャー×書く・編集。いま一番夢に近いとこにいる。

詳しいプロフィールはこちら

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

News

Posted by yukari0707


PAGE TOP
Read previous post:
白いiPhone 4に関する残念なお知らせ 【増田(@maskin)真樹】
「DaVinciPad」~気になるテキストをすぐ記録、TwitterへのポストもできるHTML5メモアプリ【増田(@maskin)真樹】

日本通信、音声通話可能なSIMフリーカード「talkingSIM」発表 【増田(@maskin)真樹】

Close