残り実質約0.8%。次でIPv4アドレス枯渇だよ〜【あきみち】

News

今朝、IANAによって一気に4ブロックのIPv4アドレス割り当てが行われました。これによって、IANAのIPv4アドレスプールの残りが実質2ブロックになり、実質残りが約0.8%となりました。

次の割り当ては、恐らくアジア太平洋地域のAPNICに対して2ブロックの割り当てとなりそうですが、そこでIANAによるIPv4アドレスは枯渇します。

枯渇はいつ?

その時期ですが、たった今、世界で最も参照されているpotaroo予測を見る限りは2011年3月4日と出ていますが、割り当てから1日ぐらい経過してから大きく予測日が変更することが多いので、明日あたりに予測日が変わってる可能性もあります。

最近のAPNICへの割り当てを見ると、前回割り当てが10月18日で、その前が8月6日です。2ヶ月ぐらいで割り当てされるとすると、、、という考えも脳裏をよぎります。

節目ですね

IPv4アドレスが枯渇しても、既存のインターネットはそのまま動き続けるので、IANAのIPv4アドレスプールの枯渇は一つの象徴でしかありません。そのため、そこが枯渇した瞬間に何かが起きるわけではないのですが、話題性という意味では非常に大きな影響がありそうだと思います。

長らくIPv4によって運営されてきたインターネットですが、IANAプールの枯渇という大きな節目が近づきつつありますねー。

過去に書いたIPv4アドレス枯渇/IPv6関連記事

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in IANA, IPV4, IPv4アドレス枯渇
IPv4アドレス枯渇まであと100日!?【あきみち】
Close