グリーが中国ネット最大手Tencentと提携【湯川】

News

[読了時間:4分]
 グリー株式会社は、中国インターネットサービス最大手のTencentと業務提携を行うことを発表した。スマートフォンのプラットフォームの仕様使用の共通化とソーシャルアプリの相互提供を目指す。ミクシィは、中国SNS最大手のrenrenと同様の提携を結んでおり、グリーTencent連合とミクシィrenren連合の対立の構図となった。

 発表によるとTencentは、インスタントメッセンジャー「QQ」をはじめ、ポータルwebサイト「QQ.com」、「QQ」ゲームポータル、SNSの「Qzone」、タブレットPCおよびモバイル機器向けポータルサイトなどを傘下に持つ。


 今回の提携で、Tencentは既に公開されている「GREE Platform for smartphone」の仕様と「QQ Wireless Game Center」の仕様を共通化するとともに、日本のGREEパートナー企業に対し、ローカライズをはじめとする「QQ Wireless Game Center」上でのビジネス展開を支援する。これにより、GREEのパートナー企業は「GREE」に提供するスマートフォン向けソーシャルアプリを、一から開発することなく容易に「QQ Wireless Game Center」上に提供することが可能になる。また「Tencent Wireless Services Division」で人気のソーシャルゲームも、「GREE Platform for smartphone」を通じて「GREE」のユーザーに提供する予定という。

蛇足:オレはこう思う
グリーも積極的な海外戦略を展開し始めた。以前、米国のソーシャルアプリの開発者が中国のプラットフォームに参入するための足がかりとして中国プラットフォームと提携する日本のプラットフォームへの参入を考えている、という話を聞いたことがある。そういう意味でも中国とつながることは有効な戦略なのだと思う。

動きはミクシィのほうが早かったわけだが、なぜミクシィは最大手のTencentではなくRenrenと提携したのだろう。その辺りの話を以前、ミクシィの中の人に聞いたことがある。なんでもTencentはネット企業としては最大手だが必ずしもSNSに強いわけではなく、またSNSといっても、どこのだれか分からない人が共通のテーマで自由に参加することのできるコミュニティ機能を中心したタイプのSNS。mixiは自分にとって重要な友人の小さな集まりを重視するタイプのSNSなので、同じSNSといってもタイプが似通ったRenrenと組むことにしたのだという。また北京、上海といった大都市ではRenrenのほうが普及率が高いことも、Renrenと組んだ大きな理由だったようだ。

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

News

Posted by tsuruaki


PAGE TOP
Read previous post:
つなげよう1000 English Speakersの思い【関治之】

TechWave英語プレゼン大会にびっくり登壇者【湯川】

fousquareのチェックイン最多駅で「渋谷」世界2位【湯川】

Close