ブン! 世界を轟かした「DOMO」再び【増田(@maskin)真樹】

News


[読了時間:1分]


20110227101139

(頓知日記より)

 頓智ドットがサンフランシスコのカンファレンス「LAUNCH」で2月23日に行った新サービス「DOMO」のプレゼンテーションは、色々な意味で世界に大きな影響を与えたと思う。このプレゼンの原稿が日本語と英語とあわせて公開されたので、紹介したいと思う。




日本語

僕は良く思うんだよね、こういうLAUNCHみたいな素晴らしいカンファレンス、どうしてもの凄い奴ら、素晴らしい仲間達に直ぐに巡り会えないんだろうな?って、、。
だって、本当は無茶苦茶スゴいアイデア、無茶苦茶スゴいテクノロジーを持った、最高の仲間がいるわけだし、ここで即意気投合出来たら今から早速世界を変える事が出来る訳だよね。
でも、残念ながらグーグルでこの場所にいるみんなをサーチするなんて出来ない。
フォースクエアでチェックインしてもメイヤーになれるだけだ。
フェイスブックのプレイスで顔写真のカタログをただ眺めてもなんにもならないんだ!
domo!これは僕が思う新しい未来だ。そうなんだよ、domoは今目の前の皆から最高の仲間を発見出来る。
そうなんだよ、僕はまず自分をオープンする。そして、お互いの共通点ややりたい事、パッショネートできる何かをすごーく簡単にシェア出来る。
そう、こうしてdomoを開いて、インタレスト・マッチを見て、気が合う仲間を見つけたら即domoする!「ブン!」たったそれだけなんだ。
これから千人と挨拶して、スゴい奴を探し出すのは本当に困難だ!でも、domoならたったの10秒。探して、見つけて、「ブン!」ただ、これだけなんだ!

 まず、日本語を読んだ時、なんてシンプルなんだろうと思った。ちょっと高揚気味で気恥しい感覚だけど、間違ってないことに気づいた瞬間、主張のバランスの良さに気づかされる。けれども、英語のプレゼンはちょっと違う印象だった。原稿を見ても日本語よりシンプルな印象。筆者は翻訳者ではないので、この違いや自分の受け留め方がどうなのか意見は言えないが、この単語数で、ここまでシンプルな短文の羅列がここまでインパクトを与えることに驚かされる。

英語

LAUNCH CONFERENCE IS GREAT!
BUT SOMETHING IS WRONG…
IT IS TOO DIFFICULT TO CONNECT WITH OTHERS!
IT TAKES TOO MUCH TIME!
THERE ARE SO MANY GREAT PEOPLE HERE!
GREAT IDEA!
GREAT TECHNOLOGY!!
WE CAN CHANGE THE WORLD!
WE NEED TO CONNECT!
I WANT TO CONNECT TO YOU! YOU! YOU!
I DO NOT GOOGLE SEARCH TO CONNECT!
USELESS!
FACEBOOK PLACES SHOW FACE ICON!
USELESS!
FOURSQUARE MAKE ME MAYOR!
USELESS!
WE BRING DOMO!
TOKYO BRING REAL FUTURE TO YOU!
I START DOMO NOW.
DOMO SHOW PEOPLE, HERE AND NOW!
DOMO SHOW INTERESTS, HERE AND NOW!
YOU AND ME, MATCH!
WHO GOES SOUTH BY SOUTHWEST? RAISE YOUR HAND!
WHO IS STANFORD? RAISE YOUR HAND!
WHO LIKE SOCIAL NETWORK MOVIE? RAISE YOUR HAND!
DOMO SHOWS THAT! VERY EASY!
I FIND YOU!
I SEND “DOMO” TO YOU!
BOOM!!!
YOU RECEIVE NOTIFICATION!
YOU SEND DOMO BACK!
BOOM!!!
WE JUST CONNECT!
IT TAKES ONLY 10 SECONDS!
THAT IS ALL! REALLY SIMPLE.
WE CONNECT! WE CAN CHANGE THE WORLD TOGETHER!
WORLD BECOME “LOVE AND PEACE”!
DOMO ARIGATO!
THANK YOU!

 間もなくリリースされるDOMOは、おそらくとてもシンプルなイノベーションを抱えた作品なのだろう。仮にそれがベータレベルであったとしても、このプレゼンがあれば進む方向は狂わないだろうと感じた。

■ 関連URL
・DOMO TEAM AT LAUNCH@SFO – 頓智・日記
http://d.hatena.ne.jp/roadracer/20110228/1298830267
・「興味・関心から」「オンライン・オフライン問わず」「リアルタイムに」人と人を繋げる新しい“pre-social”なアプリ”domo”のコンセプトを全世界に向けて発表)
http://www.tonchidot.com/ja/pressroom/articles/20110224/
・domo 公式サイト
http://domome.com/

・BOOM! 頓智ドット井口氏「DOMO」で再び世界を轟かす 【増田(@maskin)真樹】

http://techwave.jp/archives/51600930.html

蛇足:僕はこう思ったッス

もう20年以上、文章を作るという仕事をしてきて学んだことは、かっこよく、難しげな文章よりも、誰にでも理解できる文章を書くことのほうがはるかに難しいということ。何十回も書き直しをくらい、何日も悪戦苦闘したテキストは、かならずより多くの人の評価を受ける。井口さんのプレゼンは相当吟味したものなのだと思う。始めは「変な日本人」だったかもしれないが、あの内容の価値、そしてこれからインパクトを与えるであろうDOMOのリリースにより、後日さらに価値を得ていくと思う。
著者プロフィール:TechWave副編集長 増田(maskin)真樹
 十代からメディアクリエイターとして活動。週刊アスキーなど多数のIT関連媒体で雑誌ライターとして90年代を疾走後、シリコンバレーで証券情報サービスの起業に参画。帰国後、ネットエイジで複数のスタートアップに関与。関心空間、富裕層SNSのnileport、@cosme、ニフティやソニーなどのブログ&SNS国内展開に広く関与。坂本龍一氏などが参加するプロジェクトのブログ立ち上げなどを主導する。 / 現在TechWaveの活動を中心に完全復帰中、多数のプロジェクトに関与する。大手携帯キャリア公式ニュースポータルサイト編集デスク。

詳しいプロフィールはこちら

maskin[at]metamix.com
twitter | facebook | skype

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in DOMO, スケスケ社会, 井口
BOOM! 頓智ドット井口氏「DOMO」で再び世界を轟かす 【増田(@maskin)真樹】

Close