Where2.0にGeoHex笹田さん登壇【湯川】

News

where20

 米シリコンバレーで開催中の位置情報サービス関連カンファレンス「Where2.0」内のショートプレゼン大会Igniteに、ただ一人の日本人としてGeoHexプロジェクト代表の笹田忠靖さんが登壇するという快挙を果たした。

P4205658

 笹田さんが、Where2.0に最初に参加したのは3年前。位置情報関連技術やサービスに対するシリコンバレーの熱気に圧倒されるとともに、日本の存在感のなさに愕然としたという。


 そこで一念発起。自らWhere2.0の舞台に立とうと主催者のO’reilly Media社に毎年申し出たものの、思いは叶わなかった。今年も応募したものの返事が来ずに諦めかけていたところ、採用の通知がきたという。

 実は笹田さんは、TechWaveがプロデュースをお手伝いし、楽天の協力で実現した英語プレゼン大会「1000 English Speakers」の出場者の一人。(関連記事:つなげよう1000 English Speakersの思い【関治之】

 笹田さんによると、1000 English Speakersの際に作ったプレゼンデータを手直して、晴れの舞台に臨んだという。サンタクララ・コンベンションセンターの中でも最も大きな会場でのプレゼンだけに、笹田さんは緊張の色を隠せない様子だったが、それでもGeoHexプロジェクトの内容を堂々と説明。ジョークも受けて非常に好感の持てるプレゼンテーションとなった。

 GeoHexというのは、緯度、経度というこれまでの方法で場所を特定するのではなく、六角形で囲まれたエリアを場所特定の単位にしようという設計思想と、それを実現する技術のこと。六角形の大きさは状況によって自在に設定できる。あまり細かな位置情報を発信したくないときは大きめの六角形にすることでプライバシーにも配慮できるようになっている。

 もっと多くの日本人に世界で活躍してもらいたい。TechWaveとしてそのお手伝いができれば非常にうれしいことだと思います。みんな、がんばれ!!

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in GeoHex, Where2.0, カンファレンス, ジオ, ジオメディア, 位置情報, 笹田
キーワードは「ソーシャル」、「モバイル」、「ローカル」 Where2.0開幕【湯川】

常識を揺さぶる新アプリ「Color」は、新たな時代を築けるか【湯川】

グルーポンがGroupon Nowでグルメ・位置情報サービスに参戦【湯川】

Close