週末の54時間でローンチ!Startup Weekend Tokyoの参加者募集【小原】

寄稿

TechWave塾OBのコミュニティで中心的な活躍をしている小原憲太郎さんより、来週末のStartup Weekendの参加者募集の案内です。(本田正浩)

[読了時間:1分]
 Techwave読者のみなさんこんにちは。ちょうど大震災が起こったあの日、止む無く中止となってしまったあのエキサイティングなイベントが開催されます!起業家やデベロッパーなど、自らサービスを作り上げたい方におすすめです。

17)Startup Weekend Tokyo
5月20日(金)~5月22日(日)の3日間
(TechWaveもメディアパートナーとして名を連ねております!)

 Startup Weekendは、「アイデアを週末の54時間でローンチさせてしまおう」というなんともエキサイティングなイベントです。

 初日はアイデアを持っている人全員がエレベータピッチ(1分間プレゼン)を行い参加者にアピール。参加者投票で選び抜かれたアイデアの中から、これぞと思うプレゼンターのチームに参加。2日目、3日目はとにかくサービスアイデアを形にします。3日目の夕方、業界の第一線で活躍するパネリストと参加者の前でチームメンバーと作り上げた集大成をプレゼンし、直々にフィードバックをもらうことが出来ます。
(編注:開催場所など一部修正しました)


41)

こんな方は参加をおすすめします。
・創業パートナーを探したい。
・アイデアはある!あとは一緒に作ってくれる技術者と出会いたい。
・腕に自信あり。あとは面白いアイデアが欲しい。
・デザインは任せろ。
・英語、日本語どちらもいけます。
その他、新しいサービスを生み出すことに情熱を持ってる方。

 前回参加者として感じたこのイベントの魅力ですが、アイデアを実際にカタチにしていくエキサイティングさ、そして将来パートナーになり得る、様々なスキルセットを持ったモチベーションの高い参加者との出会いです。また、外国人の方も多く参加しているので、日本人が持ち得ない視点からのアイデアが生まれたり、自ずと世界基準でサービスを考えるようになることも大きな収穫となります。迷っているならば参加することをお勧めします!ちなみに、英語ができなくてももちろんOKです。堂々と日本語で話せばいいと思います。大事なのは英語が話せることではなく、貢献する意志、優れたサービスを作り上げたいという情熱です。

前回開催の様子はこちら

Startup weekend Tokyo Nov 2010

お問合せ(イベントコーディネータ Jonny Li)
Startup Weekend Tokyo
Startup Weekend Tokyo – REBOOT! (facebook)
@swtokyo

25)【ゲストブロガー】小原憲太郎

2003年にシアトルへ留学し、当時SNSの先駆けであったFriendsterに刺激を受ける。帰国後、興味関心で人をつなぐローカルネットワーキングサービスがIPAの「未踏ソフトウェア創造事業」に採択され、サービス立ち上げ後そのまま起業。その後、株式会社インデックスに入社。モバイルを中心として、電子マネーやポイントソリューション、Twitter対談サービスの立ち上げなどを経て、現在では新規事業企画を担当している。

TechWave塾3期生。TechWaveコネクト(TechWave塾・塾生OB会)にも参加中。

@kentaro_ohara
小原憲太郎(facebook)

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP