「すごい時間割」でLaunchPad優勝 20歳起業家 Labit社インタビュー #IVS

News, Startups


[読了時間:15分]

R0015645

10月にJoinした前田氏(左)とCEOのもっちこと鶴田氏(右)

 IVS2011Fall「LaunchPad」で優勝したのは「ソーシャル時間割サービス「すごい時間割」」Labit社。社長の鶴田浩之氏は20歳の大学生。ブログエントリー「16歳で起業して4年間やってきて思うこと」が大きな反響を呼んだことでも有名だ。

 TechWaveでは彼がLabit社を創業するきっかけとなった出会いの場に遭遇しているが、今回さらなる飛躍の瞬間に居あわせることとなった。それでは彼の独占インタビューをご覧頂きたい。


実際のプレゼンテーションはこちら

(追記) 起業のきっかけを作ったネットエイジ 西川潔氏のコメント

今年2月、ある友人のツイートで彼(もっち)のブログの1エントリーが紹介された。実にしっかりしたその文章を読んで、この若者にぜひ会いたいと思い、連絡したところ、電光石火、その日のうちに会うことができた。しかも、偶然にも、マスキンと会合していたときだった。以来、波長があって、どんどん話が進み、スタートアップのお手伝いをすることになった。そして今年の4月できた会社、それがLabitという会社だ。311地震当日の夜たちあげたpray for Japanのブレイクといい、このIVSローンチパッド の優勝といい、彼は何か「もっている」と思う。19歳で大学生むけサービスで創業、というのも、ザッカーバーグを彷彿させる。まさに将来が楽しみな起業家だ。

【関連URL】
・20歳起業家の新たなスタート…まず手がけるのは時間割のソーシャル化【増田(@maskin)真樹】
http://techwave.jp/archives/51670947.html
・Launch Pad » Infinity Ventures Summit
http://www.infinityventures.com/ivs/launch/

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in IVS2011Fall, Labit, launchpad
Twitterで好感度のリアルタイム対決 Feel on Battle!は高機能を無駄に利用?【湯川】

IVS2011Fall「LaunchPad」審査結果発表! #IVS

IVSのプレゼンバトル「LaunchPad」(後編) #IVS

Close