狭い画面のMacに最適→ウィンドウをタイル状に並べて効率アップする「Tyler WM」 【増田(@maskin)真樹】

News


[読了時間:1分]

screenshot_31

 ウィンドウというのは時には厄介ものになる。11インチくらいの画面を使っていると探すだけでも一苦労、うまく並べようにも狭くて見にくくてイライラする。おそらく15インチ以下の画面を使っている人立ちには共通の悩みではないだろうか。

 そんな人には「Tyler WM」というアプリケーションをオススメしたい。これはMac OS X 10.6以降に対応したウィンドウ管理ソフトで、インストールすると全てのウィンドウをタイル状=つまり重ならないように並べて表示するモードを提供するというもの。

 例えば上の画面の様に、3つの画面をスクリーン一杯を埋めるように自動で並べてくれるようになる。レイアウトはいくつかのパターンがあり切り替えて使う仕組み。App Storeで価格は850円

メール&検索、開発などキーボード主体のユーザーなら手離せない




 UNIX/Linuxの世界では「Xmonad」や「awesomeWM」といったタイリング・ウィンドウ・マネージャーが存在していたが、手軽に導入できるものでもなく、一部のコアユーザーが好んで利用しているような状態だった。

 「Tyler WM」はアプリケーションソフトで、Mac OS X 10.5以降に搭載されたウィンドウ管理機能「Spaces」と連携し、(操作)スペース単位でTyler WMをON/OFFできるようになっている。どうやらユニバーサルアクセスの機能を使用しているようでシステム管理設定→ユニバーサルアクセスの「補助装置にアクセスできるようにする」にチェックを入れていないと使用できない。

 すべてのウィンドウがタイル状になるということは、逆に言えばウィンドウの位置を自由に調整できないということでもある。不向きなものはフォトショップなど画面全体を使用するものが該当する。慣れるまでに少し時間が必要かもしれないが、いつの間にかキーボードだけで作業を効率良く進めることができるようになる。

【関連URL】
・Tyler WM | App Store
http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewSoftware?id=446759787&mt=12
・Tyler WM – OSX Tiling Window Manager
http://www.tylerwm.com/

蛇足:僕はこう思ったッス
筆者はUbuntu(Linux)でこの手のWM(Window Manager)を使用している。文章を書くだとか、開発業務だとかには最適でかなり好き。ただ結構設定に難儀していたので、Macで同等のことができるようになるのは嬉しい限り。タイルに慣れるのには少々時間がかかるかもしれないが、慣れたら業務に集中できるようになることうけあいだ。

著者プロフィール:TechWave副編集長・イマジニア 増田(maskin)真樹
 8才でプログラマ、12才で起業。18才でライター。日米のIT/ネットをあれこれ見つつ、生み伝えることを生業として今ここに。1990年代は週刊アスキーなど多数のIT関連媒体で雑誌ライターとして疾走後、シリコンバレーでベンチャー起業に参画。帰国後、ネットエイジ等で複数のスタートアップに関与。関心空間、@cosme、ニフティやソニーなどのブログ&SNS国内展開に広く関与。坂本龍一氏などが参加するプロジェクトのブログ立ち上げなどを主導。 DJ、emacs使い。大手携帯キャリア公式ニュースサイト編集デスク。TechWaveでは各種イベント、創出支援、スタートアップ支援に注力。メール等お待ちしております!

メール maskin(at)metamix.com | 書籍情報・Twitter @maskin・詳しいプロフィールはこちら


maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP